kk13_963-967

「よっしゃあ!討伐ゥ~!!」
「乙ですぞ~」
食堂に、桑田君と山田君の声が鳴り響いた。
私がここに入ってきてからずっと、その2人と苗木君・不二咲君は食堂の隅っこのほうに集まり、何かをしていた。
「強かったけど、倒せてよかったよ。でも、まさか不二咲クンがあんなに上手だとは思わなかったな」
「えへへぇ…僕、強かった?嬉しいなぁ…」
「むむっ…可憐な見た目とは裏腹の強さで、バッタバッタとエイリアンを薙ぎ倒していくその姿…アリだなッ!」
「ねーよ!そもそも、不二咲は男だろーが!」
「その程度…障害と呼ぶのもおこがましい!」
「え…えっとぉ…10分くらい休憩挟んでもいいかなぁ?僕、ちょっと疲れちゃったぁ」
馬鹿2人はさておいて彼らの会話の内容から推測するに、どうやら彼らはエイリアンを討伐するゲームをやっているようだ。
おおかた、苗木君があのガチャガチャで当てた携帯ゲーム機を皆にプレゼントして、それで協力プレイを楽しんでいるってところだろう。
…でも、何であのメンバーなのだろう?
電子機器と言ったら不二咲君。その発想は分かる。問題は、桑田君・山田君だ。
彼らにはゲーム機をプレゼントして、あまつさえ協力プレイまで楽しんでいるのに…どうして、私にはくれないの?
丁度いい。ハンティングが一段落ついて彼らも休憩していることだし、本人に問いただしてみるのが一番ね。

「苗木君、ちょっといいかしら」
「何、霧切さん?」
「…ねぇ、どうして私には携帯ゲーム機、くれなかったの?」
「え?何でそんなこと?」
「…ただ、ちょっと気になっただけよ。桑田君とか、山田君とかにはあげてるのに、って」
「だって、あの2人はゲーム好きそうじゃない?…あ、もしかして、霧切さんもゲーム好きだったりする?」
ゲーム。そんなもの、今までの人生の中で一回も触ったこともない。ゲーム機なんて、ゲームボーイ位しか知らない。
…でも、さっきの苗木君達…楽しそうだった…。私もゲームができれば、苗木君と一緒に盛り上がれるのかしら…?
「そうね…人並みには、興味があるつもりよ」
「そうなんだ…ゴメンね。次当てたら、絶対あげるからさ!」
「フフッ…期待しておくわ。ところで苗木君。あなた達、何ていうゲームをしているの?」
「『エイリアンハンター』だよ。知ってる?」
「えいりあんはんたー…?聞いたことないわ」
「そっか。結構メジャーなソフトだと思うけど…そうだ。霧切さん、一回やってみる?ボクの使ってさ」
「是非…って言いたいところだけど、私は操作方法さえ知らないのよ?流石に無理なんじゃないかしら」
「う~ん。じゃあ、分からないところはボクがサポートしてあげるから、何か分からないことがあったら遠慮しないで言ってよ」
なら、お言葉に甘えさせていただこう。何だか話が良い方に向かっていることだし。

「えっと…まずは、歩く時はアナログパッドを使って、攻撃は○ボタンで、×ボタンでしゃがんで…」
「…あ、あなろぐ…ぱっど?」
サポートは有難いのだけれど、私には苗木君が何を言っているのか、さっぱり分からない。
第一、この妙にリアルな映像は何なの。こんな画質でエイリアンが襲ってくるゲームをよく不二咲君がプレイできたものね…
「あの…霧切さん。もしかして、PSP持ってないの?」
「ぴー、えす…?このハードのことかしら?」
「おやおや、霧切響子殿はそんな初歩的なことも知らないのですかな?」
「う、うるさいわよ!仕方ないでしょっ」
「な、何が仕方ないんだろぉ…」
ある程度、自分がこういった『普通の高校生らしいもの』に疎いことを自覚はしていたつもりだった。
でも、まさかここまでのギャップがあろうとは。そんなことを考えていると、桑田君の声がした。
「あ、霧切ぃ、そっちにエイリアンのボスが行ったぞ!」
「え!?ちょ、ちょっと待っ…」
死んだ。ボスの攻撃が直撃した。
「き、霧切さん…あのさ、もしかして…ゲーム下手…とか?」
「くっ…!」
集中しないと。ただでさえゲームなんて初体験なんだから、違うことを考えてる余裕はない!
「次こそは、目にもの見せてあげるわ…!」

「いや~倒したなぁ~!不二咲、相変わらずナイスアシだぜ!」
「えへっ…ありがとぉ…」
「その微笑み…プライスレスですな。まぁしかし…」
「霧切さんがここまでゲーム音痴だとは…」
「もうちょっと包み隠す言い方もあるでしょう…苗木君のクセに、生意気よ」
まぁ、そう言われても文句は言えない。それくらい、私のプレイヤースキルは低かった。
不二咲君が援護をして、桑田君と山田君が2人でボスにダメージを与えている間、私が何をしていたか、と言うと…その辺にいた雑魚エイリアンに大苦戦していた。
やたらとすばしっこい上、すぐに画面カメラの中から消えてしまうのだから、私の手にはとても負えなかった。
そんなことを考えている私に向かって、不二咲君が言葉を投げかけてきた。
「あ、でもゲームやってる時の霧切さんさ、普通の女の子っぽくて可愛かったよねぇ!」
「…え?」
「あー、そうそう!いつものツンケンした部分がなかったっつーか」
「フ…ギャップ萌え、ここに極まれり。ですな!」
「う、嘘…!?私が…?」
「うん。霧切さん、ゲームに熱中しすぎて、気付いてなかった?」
気付くわけがない。あれだけ必死にやっていたのだから。あのエイリアンの触手なんてもう思い出すだけで…
と、まぁそれは置いておいて。私が…可愛い…?!
「もしかして、さっきのが霧切さんの『素』なのかなぁ?やっぱり、何だかんだで霧切さんも女の子だねぇ…」
「だよな!これでもう少し霧切にこう…バストの方があってくれたら、言う事ナシなんだけどなァ~!」
「何も分かってない!桑田怜恩殿!!霧切響子殿は、この自己主張の控え目なサイズがBESTなのですよ!」
「ちょ、ちょっと二人とも…!本人の前でそんな話はダメだって…」
マズい。顔が紅潮している。…照れているのだろうか。こんな表情、彼らには見せられない。
席を立つ。慌てて呼び止める苗木君の声が後ろから聞こえてきたけど、今の私には構っている余裕などない。
部屋に帰り、ドアを閉じて、ベッドにダイブする。その時、丁度苗木君の足音が、部屋の前で止まった気配がした。


廊下から声が聞こえた。苗木君の声だ。
「あ、あの…霧切さん…何か、ゴメンね」
「あなたが謝ることはないわ…」
「でも皆、本当のこと言ってるんだよ。ホントにさっきの霧切さん、いつもより雰囲気が穏やかで…可愛かったんだよ…?」
「うるさいわよ…」
ギュッ、と枕を握り締める。恥ずかしさで死にそうになる。
探偵が弱みを見せるなんて、本当ならあってはならないことだ。だから私もこの一年、ずっと強く振舞ってきた。クラスメートにだって、弱さは見せたくなかった。
「本当の自分」なんて、誰にも見せたこと無かった。もしかしたら自分にさえ、見せてなかったのかもしれない。
…でも、どうしてだろう?見せたくなかったハズの本当の自分を見られたのに…
どうしてだろう。彼らと一緒にいることが―本当の自分をさらけ出すことが―とても心地良くて、楽しいのは。
気がつけば、私は恥ずかしさの中に、一抹の嬉しさも感じていた。
初めて、皆と一緒にゲームをした。その中で、些細な事でも盛り上がって…いつもの私なら、考えられないことだ。
それに今まで感じることのなかった、年頃の女の子が抱く「恥じらい」の気持ち…それを私も、感じることが出来た。
私も、普通の女の子みたいになれる―強く生きることを宿命付けられた探偵一家『霧切』の性を持つ私には、それが堪らなく嬉しかったのだろう。
だから…
「ね…ねぇ、苗木君…」
「何?」
「次やるとき…私も、い…入れてくれる…?私、ちゃんと練習するから…ゲーム、上手になるから…」
「うん!霧切さんがその気なら、大歓迎だよ!」
「…ありがとう…」
いいかもしれない。【超高校級の探偵】の称号も、『探偵一家霧切』の名も忘れて、ただの1人の女の子『霧切響子』として過ごせる…こんな場所も。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。