nc1_813

モノミ「千秋ちゃーん」
七海「どうしたの?モノミちゃん」
モノミ「これを見てくだちゃい」
七海「あれ?これ魔法の杖?」
モノミ「そうなんでちゅ!なんと遺跡の近くで発見したんでちゅ!
七海「じゃあこれでウサミに戻れるの?」
モノミ「それが…あちしには使えなくて…」
七海「そうなんだ、せっかく見つかったのに…」
モノミ「でもまだ絶望するのは早いでちゅよ!」
七海「え?」
モノミ「この杖、さっきから七海ちゃんの方に向けると反応するんでちゅ」
七海「あ、そうみたいだね」
モノミ「多分七海ちゃんなら使えるはずでちゅ!」
七海「………え?」
モノミ「変身してみてくだちゃい!」
七海「う、うーん…」
モノミ「お願いしまちゅ」
七海「…仕方ないなぁ、分かったよ」
モノミ「ミラクルメイクアップ!魔法少女ミラクルナナミン!と叫んで変身でちゅ」
七海「…それ、絶対?」
モノミ「絶対でちゅ」
七海「……み、ミラクルメイクアッ~プ…ま、魔法少女ミラクルナナミン…」
モノミ「ダメでちゅ!もっと気合入れて可愛く言わなきゃダメでちゅ!」
七海「え、ええ?」
モノミ「もう1回でちゅ!」
七海「う、うーん…み、ミラクルメイクアッープ!魔法少女ミラクル☆ナナミン!」
モノミ「やりまちた!変身成功でちゅ!」
七海「うわ、フリフリだ…」
日向「………な、七海?」
七海「…………………え?」
モノミ「日向君!?いつからそこに!?」
日向「え、えっと…七海がモジモジしながら小声で台詞言ってるところから…」
モノミ「うわぁ!よりによってそこからでちゅか!とんだ羞恥プレイでちゅ!」
七海「モノミちゃん…」
モノミ「あ、あちしはこれで失礼しまちゅ!」
日向「………な、七海、その…似合ってて可愛いと思うぞ…はは…」
七海「う、うう…」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。