nc2_392

七海「日向くんは私のことどう思っているのかなあ」
狛枝「やあ七海さん日向くんは花村君のパンツでハアハアしている変態だよ?」
七海「狛枝くん!私の独り言きいてたの・・・?」
狛枝「うん!だから日向くんはやめといたほうがいいよ」
日向「それはちがうぞ!」言霊 七海のしわくちゃパンツ
日向「俺はこんなにも七海のパンツを使っている!花村のパンツなんか使っていない!」
七海「・・////」
日向「俺は七海のパンツにしか興味はない!」
七海「・・//」
狛枝「そうだね!その汚れているパンツがなによりの証拠だね!僕はようじがあるからこれで失礼するよ!」
日向(しまった・・・墓穴をほった・・・)
七海「ねえ日向くん・・・」
日向「は、はい!」
七海「ありがとう///」
日向「え?」
七海「嬉しい///日向くんが私がいいっていってくれて///」
日向(これはフラグなんでは・・・男のマロンがはちきれそうだ?)
ドンッ ドサッ
七海「え?」
日向「七海・・・おれ・・七海のこと・・」
モノミ「らーぶらーぶ」
七海・日向「ビクッ」
日向「モノミ・・いつからそこに?」
モノミ「最初からいたのにきづかない日向くんがわるいんでちゅよ」
七海「モノミちゃん・・誰にもいわないよね・・?」
モノミ「いけまちぇん!日向くんが千秋ちゃんを押し倒したことは小泉ちゃんに言いつけまちゅ!」
日向「嘘だろ・・」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。