ペアルック(?)

日向「だから!こんな水着着れないって言ってるだろ!?」
左右田「なんだよ!?そんなに俺とお揃いなのが嫌だってのかよ!!?」
日向「それもあるけどそれだけじゃないって言ってるだろーが!!」
ソニア「喧嘩はおやめなさ~~~い!!」

七海「・・・・おそろい、か・・・・・。」
七海(おそろいって・・・たしかペアルックって言ってたっけ・・・?)
七海「う~ん・・・・?今度試してみよう・・・かな?」
澪田「ん?何をっすか?千秋ちゃん。」
七海「ん?ん~・・・内緒。」

左右田「いいから履けって言ってんだろ!?今から取りに帰るのメンドクセーだろが!」
日向「結局それかよ!!?絶対にいやだ!!」


   後日

七海「日向くん。」
日向「よう七海・・・ってなんだ?その箱?」
七海「う~んと・・・今日はチョットお願いしたいことがあってね。いいかな?」
日向「お願い?また何か知りたいことでもできたのか?」
七海「・・・。ん~?少し違うけどまぁそんなトコ、だからいいかな?」
日向「?まぁ、教えてやるって言ったの俺だしな。いいよ。」
七海「よかった~、じゃあ はい、これ。」
日向「・・・?これって・・・何だよこの箱?」
七海「コレに入ってるのに着替えて欲しくて。」
日向「コレに入ってるのに着替えるだけでいいのか?」
七海「うん。」
日向「???まぁ、いいけど。じゃあコテージで着替えるから、チョット待っててくれ。」
日向(まぁ七海が渡すものだから、変なものじゃないだろうし。」
七海「うん、じゃあ待ってるね。」


 日向のコテージ前

日向「・・・・・・・・・・・・・・。」
七海「うん、似合ってるよ。ちゃんとサイズはあってる・・・・・はずだよね?」
日向「・・・・・・なぁ七海・・・・。」
七海「ん?やっぱり少し小さかったかな?」
日向「いや、サイズはびっくりするほどピッタリなんだけどさ・・・・・。
   なんで俺はお前と同じ服を着てるんだ・・・?」
七海「正確には私のと同じフードだよ。」
日向「ああ、そうだな・・・ってそういう問題じゃなくて!なんでコレを着て欲しいなんて
   急に言い出したんだ?」
七海「え~っと・・・たしかお揃いなのをペアルック?っていうのかな?そういうの
   ちょっと試してみたいな~って思って。」
日向(もっと違う服で試して欲しかった・・・。)
七海「それじゃあ、しゅっぱーつ。」
日向「・・・・は?チョット待て!?何でそんな話になってるんだよ!!?」
七海「え?だって、ペアルックを着てデートに行くって、定番のイベントじゃないの?」
日向「いやまぁ、確かにそうかもしれないけどさ・・・でもさすがにコレ着て行くのはさ・・・。」
七海「・・・・。日向くんは私とデート・・・行きたくないの・・・?」
日向「・・・・!?」
七海「・・・・・・・・。」ションボリ・・・
日向「・・・俺は・・・お前と、デートには行きたいよ・・・・。」
七海「・・・!日向くん・・・・。」
日向「で、でもさ。せめて着替えさせて」
七海「それじゃあ改めて、しゅっぱーつ!!」
日向「くれ・・・っておぉぉぉぉい!!せめて普段着きさせてくれぇーーー!!」ズリズリズリッ!

 そのまま七海に連行された俺は、デートと言う名の公開処刑を味わった・・・・。
途中誰かとすれ違うたびに笑う声やシャッターを切る音なんかが聞こえてきたが・・・・・

七海「~~~♪」

 七海がいつもよりご機嫌そうだったので、あまり気にせず楽しむことにした・・・。

狛枝「すごい、すごいよ日向クン!!僕がするまでもなく、自分で自らの絶望を振りまくなんt」
 ・・・が狛枝だけはスルーしたくなかったから椰子の実を蹴飛ばしておいた。

 おまけ
日向「どうでもいいけどさ?どうしてフードのここの部分穴が開いてるんだ?
   お前のには開いてないのに?」
七海「ああ、それはあれだよ。日向くんのアンテナ用に私が開けておいたの。」ドヤッ!
日向(ア、アンテナ・・・?)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。