nc3_937-938

七海「ねぇ 日向君」

日向「ん?どうしたんだ七海?」

七海「日向君にお願いがあって来たんだけど…」

日向「なんだよお願いって」

七海「キスってのをしてみたいんだ 日向君と」

日向「………は?」

七海「だからね 日向君とキスしてみたいの」

日向「どうしたんだ七海 突然そんなこと言い出して」

七海「恋愛ゲームを知るにはキスって重要…だと思うんだよ」

日向「だからって…それにキスは好きな人同士でやるもんだぞ」

七海「わたしは日向君のこと好きだよ?日向君は私のこと嫌い?」

日向「なっ!?」

七海「嫌い?」

日向「嫌いなわけないだろ!むしろ大好きだよ!」

七海「///じゃあ問題ないね///」ギュッ

日向「おい いきなり抱きつくなよ///」

七海「キスの前って抱きつくものでしょ?」

日向「誰から聞いたんだよ全く…」

七海「日向君からしてほしいな///」ドキドキ

日向「えっ///」ドキドキ

七海「……」目を閉じる

日向「……」ドキドキ

七海「…………」ドキドキ

日向「…………」

七海「あーもう!じれったいなぁ」チュッ

日向「んむっ!?」

七海「待ちきれず自分からしちゃった///」

日向「七海///」

七海「次はちゃんと日向君からしてほしいな///」

日向「あぁ//」




狛枝「ふふふ 素晴らしいね!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。