tm4_549

罪木ちゃんが急に三章裁判後半の時みたいな性格になったら

西園寺「あ、おはようゲロブターいつみても陰気な顔してるよねー。」
罪木「は?」
西園寺「あれれー、今日はなんか暗いねー、ちょっとお仕置きしちゃおうかなー。」
罪木「…西園寺さんはまた私をいじめるんですかぁ?」
西園寺「そうに決まってんじゃん、アンタのいじめられてるときの顔見てると
    気持ちいいからさ~。」
罪木「…いっつもそう…いっつも私ばかりいじめられて…」
西園寺「んー?ゲロブタのくせに何悔しがってるのかな~?
    ゲロブタに悔しがる権利あるとおもってんの~?」
罪木「…もうたくさんなんですよぉぉぉぉっ!!」
西園寺「!?
    ちょ、罪木?」
罪木「なんで私ばかりいじめるんですかぁ!!なんで許してくれないんですかぁ!!」
西園寺「お、落ち着いてよ!!ちょっと!!」
罪木「わわ、私だって悔しがってもいいじゃないですかぁ!!
   なんでくやしがっちゃいけないんですかぁ!!」
西園寺「あわわわ、罪木がこわれたー!!に、逃げろー!!」
罪木「なんで逃げるんですかぁ!!私なんか顔も見たくないって
   いうんですかぁ!!顔をみて話をしましょうよぉ!!」

日向「おい、罪木が西園寺を追いかけてるぞ!?」
九頭龍「珍しいこともあるもんだな…」

罪木「なんで逃げるんですかぁ!!逃げなくてもいいじゃないですかぁ!!」
西園寺「あわわわ!!わ、私が悪かったから追いかけるのやめてー!!」

急に罪木、元の性格に戻る

罪木「はっ、ご、ごめんなさい西園寺さん!私なんかが西園寺さんを
   追いかけまわして…当然怒ってますよね?」
西園寺「…きょ、今日のところは許してあげる―。」
罪木「ふぇ?」

日向「罪木って…かっとすると思いがけない力が出るんだなぁ…」

その後しばらくは西園寺は罪木をあまりいじめなくなったという
当の罪木は無視されてると思っているようだが。

終わり

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。