看病ネタ

「苗木君?」

「あ、霧切さん、その、これよかったら」

「・・・それは?」

「あ、ほら、今朝体調が悪いから今日は部屋で寝てるって言ってたでしょ?それで・・・」

「・・・ご飯を作ってくれたって事かしら」

「あ、うん、卵粥なんだけど、
 朝日奈さんに教えてもらいながら作ったから味は大丈夫だと思うんだ、
 あ!プロテインとかは入ってないよ!」

「・・・・・・」

「め、迷惑だったかな・・・?」

「いいえ、そんなことないわ、ありがとう」

「よ、よかった、じゃあ僕はこれで」

「待って」

「え?」

「私は病人なのに・・・食べさせてはくれないのかしら?」

「ぇえっ!?
 ぼ、僕が霧切さんに!?そ、そんな、僕」

「あら、冷たいのね?」

「あ、いや、あの、別に嫌じゃないし、むしろ」

「冗談よ」

「僕なんかでいいなら・・・って、え?」

「また騙されてるわね」

「き、霧切さん・・・」

「うふふ、それじゃご飯ありがとう」

「う、うん、お大事に」

「あ、それと」


「そ、そんな、僕が勝手にやったことだしいいよ」

「い い わ ね?」

「あ、うん、じゃ、じゃあ楽しみにさせてもらうね」

「ええ」

パタン

「・・・まるで恋人みたいね・・・
 なんて・・・私らしくないわね」///


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。