あなたの隣で 2章 約束の日(1)

 誠を乗せた飛行機は予定通り12時間かけてロンドンの地へ降り立った。空港内にあ
る時計を確認すると、現地時刻は13時過ぎ。すぐに手持ちの時計の時刻をそれに合
わせると、彼はスーツの内ポケットから1通の手紙を取り出した。
 6年前に別れた直後、響子が誠に送った唯一のもの。白地に薄く桜の絵が描かれた
便箋には、綺麗に整った字でロンドンのとある住所のみが記されていた。当時の誠は
それが示すものが何なのかすぐに分かった。彼は約束が有効である証だと感じて、そ
れを糧に6年間を乗り越えることが出来た。
 その約束の日が今日であることを再認識すると、誠の胃の辺りがぎゅっと締め付けら
れるような緊張感に襲われる。6年間、顔を見ることも声を聞くことも叶わなかった彼女
がこの国に居るのだ。緊張で彼の顔が強張った。
住所が示す場所――霧切響子の探偵事務所を目指して誠は空港を出ると、出口
に並んでいたタクシーに乗り込んだ。流暢な英語で行き先を運転手に伝える彼の手
には、辞書も英会話の本も翻訳機も無い。もちろん、誠が日本以外に住んでいたとい
う事実はない。しかし、長年現地に住む人間のように彼が流暢な英語を話すことが出
来るのは、6年の間彼がどのように過ごしたかを垣間見せる。
 ロンドンのタクシー運転手は厳しい試験をくぐり抜け、ストリートの名称など熟知したプ
ロばかりだ。誠が乗ったタクシーも例に漏れることなく、最短経路で目的地まで彼を送
り届けてくれた。走行中は、誠は運転手から出身やロンドンに来た目的などを尋ねられ
たり、観光スポットを紹介されたりと暇を持て余すことにはならなかった。おかげで待ち
遠しかった目的地までの時間を短く感じられ、降車する際に彼は運転手へのお礼の
意を込めてチップ分余計に代金を支払った。
 タクシーを降りると、目の前には数種類の赤茶色い煉瓦を積んだ、いかにもロンドン
らしいと感じられる建物があった。深い焦げ茶のドアの上部は白くアーチ型にあしらわ
れており、中央にはアンティーク風の外灯が取り付けられている。洒落た外観に、ただ
観光で来ていたのなら、誠もそれを見てお洒落だ、などと笑っていられたかもしれない。
しかし、誠はロンドンらしい外観よりもドアに控えめに掛けられた小さなプレートの方を凝
視していた。

Detective bureau Kirigiri
   霧切 

 小さなプレートの英字、『Detective bureau Kirigiri』 は 『探偵事務所 霧切』
と訳せる。そしてその下には漢字で「霧切」とある。それらを目にした瞬間、誠の胸が高
鳴った。
 そのプレートは誠にとってはこの上ない存在感がある。しかし、恐らく一般の目に留ま
ることはほぼ無いだろう。それほどプレートはささやかなもので、色はドアとほぼ同じ色だ
った。
 彼は、過去に彼女が自分にだけ話してくれたことを思い出す。

――霧切家は敢えて自分たちの存在を隠している――それが誇りってものでしょう?

 その言葉と、眼前のプレートが誠の頭の中で繋がる。そして次第にそれは実感となっ
て誠の中に湧き出してくる。

――ここ開ければ、霧切さんが居るんだ。

 誠は震える手で、ドアの右側に取り付けられた小さなインターホンを押した。ドアの向
こうで響いたその音は、誠の耳にはやけに大きく聞こえた。
そして――ドアが開くまで数秒――彼にとって永く、ゆっくりに感じられる数秒間、ドア
の動きに伴い、誠の心臓がうるさいくらいに脈打つ。
ドアの隙間から懐かしい淡い紫がかった銀髪が誠の目に入る。彼は息をするのも忘
れ、徐々に見えてくるその姿に目が釘付けになっていた。

「――苗、木君…………」

――会えた。ああ、やっと会えたんだ……。

「久しぶりだね。霧切さん――約束を果たしに来たよ……約束、覚えてる?」
「私から言い出した約束だもの。もちろん覚えているわ……とりあえず中へ入って」
「うん、お邪魔するね」

 懐かしい香り、懐かしい姿、懐かしい声――誠は泣きそうになるのを、喜びで叫び
だしたくなるのを抑え込んで、かつてと変わらない無邪気な笑顔を彼女に見せた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。