【それはダメだよ!】

――ぎ……ん……きて……えぎくん……


――な、に……? 何か聞こえ……

「苗木君起きなさい」

――バチンッ!

「いだっっ!? 何っ!? えっ、何っ!? えっ!? 霧切さん!?」

僕は左頬に激しい痛みを感じて飛び起きようとした――けれどそれはできなかった。
恐らく今僕の頬をひっぱたいた犯人であろう霧切さんがベッドで寝ている僕に馬乗りになっていたからだ。
当然僕は状況を飲み込めずパニックに陥った。

「え!? なんで霧切さんが僕の部屋に居るの!? ていうかなんで僕の上に乗ってるの!?」
「あなたが何度言っても起きないからよ。鍵も開いていたし、それにここまでの熟睡って……あなた簡単に殺されるわよ?」

混乱する僕を前に霧切さんはいつも通り冷静に淡々と話す。
でも、僕はそれどころじゃない。
お腹の上の柔らかい感触で今にも発狂しそうだった。

「わかった! わかったから!今後は気を付けますからお願いですから降りてくださいっ!!」
「……そんなに必死になるほど重かったかしら」
「そ、それは違うよ! 別の問題があるからぁあっ!! とにかく降りてっ!」

僕が必死に叫ぶと彼女は「別の問題?」と眉を顰めながら呟いてようやく僕の上から降りてくれた。
ちょっともったいないかも、なんて全っ然思ってないけど、もう少しで本当に色んな意味でやばかった。
精神的に死んでたかも。

「苗木君? あなた顔が赤いわよ。息も上がってるし発汗もみられる……具合でも悪いのかしら」
「え、霧切さんが突然現れるからびっくりしただけだよ!(どう考えても君のせいじゃないか!)」
「苗木君、すぐにバレる嘘は感心しないわよ」
「え……ちょ、ちょちょちょ、霧切さんっ!?」

僕の嘘について批判しつつ、なんと彼女の顔が僕の顔にどんどん近づいてきた。

――えっ?何これ?僕キスされるのかな。

そう一瞬でも思ってしまったら僕が焦らないわけがない。
けれど、もちろん当然霧切さんがそんなことをするわけがなかった。
至近距離に霧切さんの顔があるのが恥ずかしくて目を瞑っていたら、コツン――という感触が額にあった。
恐る恐る僕が目を開けると、相変わらず至近距離に霧切さんの顔があり、その額は僕のと重ねられていた。
僕はようやく、さっきの会話の流れを考えてみても、僕の熱の有無を確かめてくれているんだと分かった。

「あ、あの……霧切さん?」
「……少し微熱程度くらいには熱がありそうね。でも高熱じゃなくて良かったわ」

離れた霧切さんが、僕を案じてくれる言葉をかけながらフッと笑った。
いつもポーカーフェイスを維持している彼女だから、時々見せる笑みに僕はいつもドキリとしていた。

「あ、ありがとう。でも、熱を確かめるなら手で……あっ、手袋してるからか」
「ええ、そうよ。何か不快だったかしら? だとしたら謝るけど」
「いや、そんなことないよ! こっちこそごめん、変なこと言って」
「別に気にしてないわ」

霧切さんはそういうと右手で髪を払った。
その仕草と、サラリと動く綺麗な髪に僕は一瞬見とれる。
ここだけの話、僕は霧切さんのその仕草が好きだったりする。

「それで、どうして僕の部屋に?」
「ああ、そうだったわ。苗木君のせいで忘れるところだった」
「どう考えても僕のせいじゃないと思うけど」
「何か言ったかしら?」
「……あの、霧切さん? この際だから言うけど人の部屋、っていうか異性の部屋に勝手に入ってくるのはよくないと思うんだ」

僕はそのまま何も言わず用件を聞こうとも思ったけど、なんだか霧切さんはそういう所が危なっかしい気がして、僕の考えを話すことにした。

「勝手に入ったのは悪かったわ。でも叩かれるまで起きない人がインターフォンの音程度で起きるかしら?」
「うっ……それは……でも! それはダメだよ! 僕だって男なんだよ!?」

僕が意を決して言い放った言葉に霧切さんが、珍しく驚いた顔をした。
でもすぐにいつものポーカーフェイスに戻……え?霧切さんが笑ってる?

「き、霧切さん?」

何か霧切さんの様子がおかしいことに気付いた僕の問いかけを無視するように、霧切さんが無言のままベッドの方に近づいてくる。
それだけじゃない。
彼女は何を考えているのか、ネクタイを緩めシャツのジッパーを少しだけ下ろして――って、えぇっ!?

「ちょ、霧切さん何やってるの!?」
「ネクタイを緩めてジッパーを下げたのよ」
「いや、そうじゃなくて!! 見えたらいけないものがもう少しで見えそうなんだけど!」
「見たいの?」

いつもの僕をからかう時の笑みを浮かべながらとうとう霧切さんが再びベッドの上どころか僕の太ももの上に乗って来た。
そして彼女の右手が僕の左胸に添えられる。
もう何が何だかわからない。
僕の動悸は全力疾走をしても足らないほどに激しく脈打っていた。
霧切さんは分かっているのにわざっとやっている。
いくら僕だって理性が揺さぶられないはずがない危険な状況だった。
そして霧切さんは僕の耳元に顔を近づけて言った。

「すごい、動悸ね。ふふっ……ねぇ、苗木君。あなたは確かに男の子だけど、私の信頼を裏切るような甲斐性はないわ」
「へっ?」

僕が間抜けな声を出すと、霧切さんは何事もなかったように離れて服装も元に戻した。
何だか男としてはすごく複雑なことを言われた気がする。

「ね? あなたは、こんな状況になっても何もできなかったでしょ? だからあなたの反論は認められないわ。でも……確かに男の子だというのは認めるけど」

少し顔を下に向けながら言う霧切さんの視線を追うとそこには――っ!?

「うわぁあっ!! み、見ないでよ霧切さん! セクハラだよっ!!」

僕は顔の熱がさらに上がるのを感じながら、足元にくるまっていた布団を急いで抱え込んだ。
霧切さんはそれを見て笑ってるんだから本当に性質が悪い。
霧切さんには適わないな。
それを痛感した精神疲労の激しい夜だった。

― END ―
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。