k20_547-548

「11月11日が何の日か答えなさい」

 ……デート開始5分後のセリフがこれである。
 そういえば今日のデートは珍しく響子さんの提案だけど、

「冬服をみたいから11日付き合って。いい?11日よ」

 とやけに11日を強調していたっけ……
 これがやりたかったのか……

「えっと……ポッキーの日……だよね?」
「ええ、そうね。それも正解」
「それも?」
「11月11日には他の記念日でもあるのよ」

 ポッキーの日が有名すぎるのよね。
 響子さんがくすくす笑う。

「一番有名なものを答えるのは誠君らしいわ」
「まぁ……それしか知らなかっただけなんだけどね」
「ほかの記念日ももっと取り上げていいと思うのに」

 確かに、僕のように他の日を知らない人も多いのではないだろうか。

「それに今日はポッキーの日であって、ポッキーゲームをする日ではないわ」
「あははは……そこは僕も気になるかな」
「恋人にキスをする口実なら、ポッキーでなくてもいいと思うのだけれど」
「そこはほら、言い出したもの勝ちというか、さ」
「ハイチュウとかそのままじゃない」
「……ハイチュウの日ってあるの?」

 そんな会話をしながら衣類店に向かう。
 まずは靴下を見るらしい。

「そういえば、さっき他の記念日って言っていたけれど、どんなのがあるの?」
「そうね……たとえば電池の日」
「電池が?」
「電池のプラスとマイナスで+、-ということね」
「ああ、なるほど。面白いね」
「恋人の記念日にはなりにくいでしょうけど」
「……うん、想像しにくいね」

 別に恋人対象のものでなくても、一斉に電池交換しよう!
 ぐらいのキャッチコピーぐらいしか僕には思い浮かべなかった。
 確かに有名にしにくいかも、とは思ってしまう。

「そういう意味ではポッキーの日はぴったりよね」
「一番有名になっちゃったのもそういう理由かな、多分」
「食べ物で言えば、ピーナッツやチーズの日でもあるのだけれど、関連付けしにくいものね」
「うーん……いや、ポッキーも直接関係しているわけじゃ……」

 というかそんな記念日でもあるのか11月11日。
 全く知らなかった。

「でも、同じ日にこれだけ記念日があるんだね」
「なんでもかんでも記念日にしていいわけでないでしょうに」

 まあ、こうして楽しめるのはいいことだと思うけれどと、響子さんがつぶやく。

「……あれ、響子さんも記念日を楽しんでるの?今日?」
「ええ、楽しんで…………違うわね、これから楽しむところ」
「?」

 わけがわからない。
 うーん……響子さんが今ポッキーを持っているわけでもないし。
 もちろんチーズや電池も持っていない。
 ……まだ何か違う記念日でもあるのかな?

「ねぇ、響子さん。まだ今日が記念日になってることってある?」
「ええ、あるわよ。それはね……」

 あ、やばい。
 この顔は何かをたくらんでいて―――
 そして、その内容は僕の反応を楽しむためのもの―――
 そんな見慣れた響子さんの顔だった。

「今日はね、靴下の日でもあるの。逆さにした靴下が1にみえるからね。
 それが4つ、つまり2足ある今日はペアーズディといってね……
 恋人同士で靴下を贈りあいましょうって日らしいわよ?」

 そこまで言った響子さんがとびっきりの、ちょっと意地悪な顔で微笑む。

「私に似合いそうなものを選んでね、誠君?
 ……靴下という、とても大切なものなのだから」


 ------

「……どうせならポッキーゲームもやってみる?」
「え!?」
「ああ、ごめんなさい。ポッキーがなくてもするものね」
「……」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。