セレスさんと中華料理店

「ねえセレスさん」

「あら、どうしましたの苗木君?」

「なんで僕は皿洗いなのかな?」

「苗木君の作った料理なんかで店が繁盛するはずないでしょう?
Cランクの苗木君は店長兼皿洗い、適材適所ですわ」

「うぅ……、でも2人でお店開こうって言ったのに……、
セレスさんなんて料理どころか接客もしないし……」

「当然でしょう?料理なんてしたら手が汚れてしまいますわ。
私はオーナーですから。それにちゃんと料理のチェックはしてますわよ?」

「まあ、確かにセレスさんが呼んできた料理人と試食のおかげで店は繁盛してるけどさ…」

「ええ、何の問題もありませんわ」

「(でもなぁ……)」

「俺の餃子は確実に勝ちを拾うぜ!カカカカカ!」

「料理は勝ち負けじゃないよ!料理は人を幸せにするんだ!」

「(ちょっとこの厨房は濃すぎるよなぁ……)」

「やっぱり私の目に狂いはありませんでしたわ…。
ああ、臭くて下品な、それでいて最高においしい餃子が食べ放題……」

「いや、料理はお客さんのだからね!?試食だけにしてよ!?」

「それぐらいわかってます。
それより、いつになったら苗木君は私のところに料理を持ってくるのですか?」

「え?でも今は営業中だから……」

「そうではなくて、試食の件です
あの2人を超えたらBランクに上げると約束しましたのに……、
苗木君ったら全然来ないんですもの……」

「ああ、そのこと?
いやぁ、流石に僕はプロを超える料理なんて作れないよ。
ほら、僕セレスさんと違って凡人だし」

「…チッ!」

「…え?ぼ、僕セレスさんを怒らせるようなこと言ったかな?」

「本当に苗木君は糞虫ですわ。
いいから明日までに私の所に餃子を持ってきなさい。
もちろん手作りで、心を込めて。
それが答えですわ」

「セ、セレスさんっ!?
……行っちゃったよ、どういうことなんだろう?
……とりあえず今日閉店後に作って持っていこう、
なんとなく僕が悪い気もするし……」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。