nc7_385

日向「モノクマが用意したアトラクションに乗って大丈夫なのかよ……」

七海「でも全員乗ったらご褒美が貰えるんだから、乗る価値はあるよ」

日向「まあ、そうだな」

七海「それに…ちょっと楽しみかな。私、ジェットコースターって乗ったことないから」

日向「そうなのか?」

七海「うん、だから日向くんが隣に乗ってくれると安心する…かも」

日向「俺で良かったら別に構わないけど──」

左右田「日向、日向! 頼む! 席を変えてくれ!」

日向「な、なんだよいきなり。ソニアの隣だって喜んでたんじゃないのかよ」

左右田「それがソニアさん、一番言い場所で景色を見たいって前列に乗っちまった…」

左右田「俺、乗り物酔いが激しいから一番前なんて無理無理!」

日向「ったくしょうがないなあ……悪い、七海。左右田と席変わってもいいか?」

七海「……別に、いいけど」

左右田「いよっしゃあ! さすが、持つべきものはソウルフレンドだぜ!」

七海(…………左右田くんのお邪魔虫……)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。