c7_546-548

日向「七海のやつ、またゲームしてるのか……」

七海「………」

日向「おい七海、そろそろ夕飯だぞ」

七海「んー……もうちょっと……」

日向「ゲームしてるときの集中力は本当すごいな……」

七海「…………」

日向「(よし、ここは一つ……)

じゃあ俺は先に行ってるぞ、お前も早く来いよ、千秋」

七海「んー………」

日向(……やっぱ反応なしか)


左右田「あれ、七海呼びに行ったんじゃなかったか?」

日向「ゲームに熱中してて呼んでも生返事ばかりだよ。そろそろ来るとは思うけど……」

七海「お待たせ」

左右田「やっと来たか」

七海「ごめんね、もう少しで倒せそうなところだったから。

ところで日向くん」

日向「ん?」

七海「何でさっき私のこと千秋って呼んだの?」

日向「!?」

左右田「は?」


左右田(おい日向テメーいつから七海とそんな関係に!?)

日向(そんなつもりはなかったんだ魔がさしただけなんだ)

七海「日向くん?」

日向「あ、いや、あの別に深い意味はないんだ、ただ何となくというか……」

七海「ふーん……」

日向「……ま、まずかったか……?」

七海「ううん、そんなことないよ。

というより、何故かはわからないけど……ちょっと嬉しかったかな」

日向「………!!」

左右田(爆発しろ)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。