nc7_637-642

日向「やったー!」

七海「どうしたの日向くん?」

日向「見てくれ、やっとチャンピオンを倒せたんだ!」

七海「おお、やったね日向くん。どれどれ……へー、なかなかバランスいいパーティだね。」

日向「まあな。こいつなんか捕まえるの苦労したよ」

七海「あー、確かに。でもその子は捕まえるの大変な分ちゃんと育てたら対戦でも充分使えるからね」

日向「対戦か……七海は対戦もやるのか?」

七海「うん、Wi-Fiとか使うといろんな人と戦えるんだ」

日向「そうなのか。きっと七海は強いんだろうな」

七海「まあ、それなりかな。

一対一もいいけど、友達と組んで二人で一緒にバトルするマルチバトルっていうのもあるんだ」


日向「へー。誰と組んでるんだ?」

七海「ここだとあんまりやってる人はいないんだけど……左右田くんとか、狛枝くんとかかな」

日向「左右田はともかく、狛枝もやってるのか」

七海「うん、意外だよね。左右田くんは結構強いし、頼りになるよ。

狛枝くんはそんなに強いってわけじゃないんだけど、一緒にやると何だかいつもより命中率とか急所に当たったりする確率が高いような気がするんだよね」

日向「流石は超高校級の幸運だな」

七海「相手にとったらたまったものじゃないけどね」


左右田「お、やっとクリアしたのか日向」

日向「まあな」

左右田「どうだ?一発バトルでもしてみるか?」

日向「バトルか……」

左右田「ま、殿堂入りしたくらいじゃ俺には勝てないと思うけどな」

日向「何だと?」

七海「私も、やめといた方がいい……と思うよ。まだ左右田くんには勝てないだろうし……」

左右田「だよなあ、俺も弱いものいじめは好きじゃねーし」

日向「二人して言ってくれるな……そこまで言われて引き下がれるか!やるぞ左右田!」

左右田「おいおい、マジかよ……」


日向「……………」

左右田「だから言ったのによ……」

七海「ボロ負けだね」

日向「くそう、レベルは同じはずなのに……」

左右田「まあそう気を落とすなって。まだまだ対戦は初心者なんだしな。育て方とか強い技とか、七海にいろいろ教えてもらえよ」

七海「うん、私が教えてあげるね。私も早く日向くんと一緒にマルチバトルしたいしね」

日向「七海………」

左右田「おーおー直々のご指名ですか、このリア充め」

日向「い、いやそんなつもりは……」

七海「あ、じゃあ日向くん。私のまだ育ててない子をあげるから、その子を育てながらいろいろ教えてあげるよ」

日向「いいのか?」

七海「うん。じゃあ当面の目標は打倒左右田くんだね」


七海「あ、ニックネームとかどうする?」

日向「ニックネーム?七海はつけてるのか?」

七海「うん。私はみんなの名前とかつけてるかな。ほら、この子には『みかん』とか、こっちの子には『ねこまる』とか」

日向「へー、何かかわいいな」

左右田「日向はいないのか?」

日向「何でお前が聞くんだよ」

七海「日向くんは……あ、この子だ。この『はじめ』は私のエースなんだよ」

日向「そ、そうか……」

左右田「何で照れてんだよ」


七海「左右田くんはこっちだね」

左右田「お、結構強い奴じゃねーか。ちょっと嬉しいぜ」

七海「えーっと、じゃあ……日向くんにあげるこの子は……私の名前でいいや。ち、あ、き……これでよし」

日向「お、お前の名前つけるのか?」

七海「あれ、ダメだった?」

日向「いやダメってわけじゃないけど……」

七海「それならよかった。じゃあこの『ちあき』は今から日向くんの物だね」

日向「お、おう………」

左右田(何だこの全身のむず痒さは)

七海「この子はちゃんと育てたらとっても強いんだ。だからその子を育てたら左右田くんにもきっと勝てるよ」

日向「あ、ありがとな七海。よーし、この『ちあき』をしっかり育てて、次は絶対左右田に勝つぞ!」

左右田「望むところだっての!」


七海(……やっぱりちょっと、恥ずかしいな……)



狛枝「僕は名前だけか」ピコピコ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。