AI実体化装置

左右田「日向!おい日向!」

日向「どうしたんだよ左右田、幽霊でも出たのか?」

左右田「ついに完成したぜ!」

日向「何が?」

左右田「AI実体化装置だ!」

左右田「だがまずは実験してから使うべきだ!だから七海の前にソニアさんのアルターエゴを作って実体化させるべきだ!」

ソニア「そんなのあんまりです! 七海さんを実体化させてあげるべきです! あと左右田さんは生存戦略に失敗して地下鉄のバイオテロに巻き込まれてください」

終里「なんでもいいから肉出してくれ」

九頭竜「落ち着けお前ら、左右田だって悪気があって言ったわけじゃねえはずだ」

日向「で、その実体化装置とやらは信用できるのか?」

左右田「まあ、完成したとは言ったが、まだ百発百中ってわけじゃねえな」

左右田「とりあえず適当なゲームキャラを実体化してみたんだが、成功率は6割ってとこだ」

左右田「すまねぇ。実体化に失敗して七海が初期七海になっちまった」

日向「なんでだよ!」

初期七海「この事件の謎は…全て解けた…かもしれません……多分ですけど…」

日向「いや、でも見た目がどうであってもあいつなのは変わらないよな……うん」

左右田「あとバグが残って花澤繋がりで物語シリーズの撫子も混じっちまった。日向、俺はどうすりゃいいんだ……」

日向「それはねーよ……」

花澤「あァ!? うじうじしてんじゃねェぞこのヘタレ!希望ヶ峰に憧れて入学したんじゃなかったのかよ!だったら自分に胸を張りやがれ!」

日向「なんだ、いつものあいつじゃないか……」

左右田「いいのかよ、これで!」

黒七海「日向君……どうしてアンテナをびんびんにしてるの……?」

日向「ちょっ七海。お前ハンガー投げつけられたような形相して……」

黒七海「日向君……日向君っ 日向君っ! 日向君っ!」

ドラえもん「ぴんぽんぱんぽーん。死体が発見されました。一定の睡眠時間の後、学級裁判を始めます」


七海「という夢を見たんだよ?」

日向「それはねーよ……」

モノクマ劇場「夢オチというのは便利なものです。ですが乱用するとゲームオチ並にショボくなるので注意しなければいけません。うぷぷぷ」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。