SSS『大晦日』

「今年ももう終わりね」
「そうだね。…霧切さん、実家帰らなくて良かったの?お祖父さん、一人なんでしょ?」
「お祖父様は仕事で海外よ。それに、寒いから外出は嫌なの」
「…霧切さんって猫みたいだよね」
「怠惰だって言いたいのかしら?」
「いっ、いやいやホラ、猫は冬が苦手で炬燵で丸くなる~ってイメージが」
「そうね、炬燵があれば是非そうしたいところだわ。…どうしてこの寮は洋風なのかしら」
「まあ、冷暖房完備だからいいじゃない」

「はい、お待たせ。出来たよ、お蕎麦」
「ありがとう、頂くわね。……うん、美味しいわ。やっぱり残って正解ね、あなたの作る蕎麦ならきっと美味しいと思ったもの」
「いやあ…料理スキルなんかゼロに等しいんだけどね。麺類くらいなら簡単だし、なんとかなるってだけで」
「それは麺類すら満足に作れない私への当て付けかしら?」
「ち、違うってば!」
「ふふ…冗談よ。けど、本当に美味しいわよ。苗木君なら立派な主夫になれるんじゃないかしら」
「う…もう、からかわないでよね…」
「ほら、あなたも食べないと伸びるわよ」
「はぁ…いただきまーす」

「…ねぇ。苗木君こそ、帰らなくていいの?」
「うん?」
「私が言うのも何だけど…普段寮暮らしなのだから、年越しぐらいご家族と過ごせばいいのに。実際、ほとんどの生徒が帰ってるでしょう」
「あー、うん。そうだけど…せっかく希望ヶ峰学園に来たんだし、一回くらい年越しも経験したいなーと思ってさ。それに霧切さんが、……」
「私が?」
「………き、霧切学園長も残ってるからさ!お世話になってるし、新年早々挨拶に行きたいなと!」
「(何を言いかけたのかしら)…やめておきなさいよ、せっかくの元旦が台無しになるわよ」
「そんなこと…あ、そうだ霧切さんも一緒に挨拶しに行こうよ!」
「どうして私が…」
「学園長だって霧切さんの家族でしょ?きっと喜ぶよ。ボクも行くからさ」
「……わかったわよ。大晦日は苗木君と2人っきりで過ごしたと挨拶すればいいのね?」
「ぶふぁっ!?ちょっとな、なっ、何を」
「…ふふっ、年の終わりまでからかいがいのある人ね」
「……もう…。まあいいや、来年もよろしくね、霧切さん」
「ええ。よろしく、主夫の苗木君」
「もう勘弁してよ……」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。