苗木君が怒る時

 苗木君は時々、ひどく私を責める。
 乱暴とも、強引とも違う、彼の人の良さからくる熾烈さだ。
 けっして暴力をふるわれるとか、罵詈雑言を浴びせられるとかはない。

 いつも通りに優しいまま、スイッチが入ったように厳しくなるのだ。

「無理はしないで、って言ったじゃないか」

 力強く手を引かれ、押し倒すようにしてベッドに寝転がされる。

 声音で、怒っているのが分かった。
 感情任せに怒鳴り散らすことはないし、私のように冷たく無機質な声で責めることもない。
 ほんの少し、いつもよりも声が低くなるだけ。

 ただ、彼の怒り方には、そう―――

「……ごめんなさい」
「僕に謝っても仕方ないだろ、霧切さんの体なんだから」
「……、…」
「上着脱いで。薬と飲み物取ってくるから、その間にちゃんと熱測ってね」

 手際良く私をベッドに抑えつけるようにして寝かせると、手元に体温計を置き、コートをハンガーにかける。
 この世話焼きも、やはり生来のものだろうか。
 或いは、妹がいたらしいから、それの延長線だろうか。
 それとも、……

 いや、それ以上を考えてしまうのは、なんというか。

 別に、大病というわけじゃない。
 ただ連日徹夜続きで、ちょうど気が抜けて意識が朦朧としていたところを、彼に見咎められてしまったのだ。
 大袈裟すぎる、と体を起こし、職場に戻ろうとしたところで、

「霧切さん」

 とても静かな、声。
 此方を見ていたわけではなく、それ以上何かを言ってくることもないのに。
 とても優しい人だから、情の深い人だから、その怒りの底が恐ろしいのだ。

 ―――どうしてか、逆らえない。

 大人しくベッドに戻りつつ、その背中に恨み事をぶつける。

「……束縛する男の人は嫌われるのよ、苗木君」
「嫌われたくはないけど……それよりも、霧切さんの体の方が大事だから」
「……、……あなたって、本当に」

 その先の言葉は、言えず、顔を埋めた布団の中に呟いた。

 誰にでも、きっと朝日奈さんや腐川さん、いや男同士でも同じことを言うのだろう、分かっている。
 みんなに優しいというのは、美点であると同時に、欠点でもあるのだ。


(……、でも、誤解されるかもしれないけれど)

 彼に怒られるのは、嫌いではない。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。