tm6_278

罪木「あ、日向さんおはようございます」

日向「……おう罪木おはよう」

罪木「ひ、日向さん、なんだか元気がありませんよ?」

日向「最近不眠症でさ、少ししか寝てないんだ……」

罪木「だ、ダメですよ! ちゃんと寝ないと! 睡眠は精神活動の気分、記憶力、集中力に影響するんですから!」

日向「そうは言ってもな……部屋のベッドじゃ眠れないんだよ……」

罪木「それじゃあ、私が日向さんの枕になります!」

日向「……は?」

罪木「私、日向さんに元気になってもらうためならなんでもしますから! さ、さあどうぞ」

日向「ど、どうぞて……膝枕か?」

罪木「は、はい……ダメですか?」

日向「ダメっていうか……」

罪木「や、やっぱり、私みたいな女の足なんて汚くて乗せたくありませんよね……生意気なこといってすみません……」

日向「っ~! 分かったよ! ほらっ!」

罪木「ひ、日向さぁん、えへへへ♪」

日向(罪木のふともも柔らかいな……というか顔の横に胸がかすかに当たってる…)

罪木「日向さんの寝顔、とっても可愛いですね……ふわぁ、なんだか私も眠たくなってきちゃいました」フニョン

日向(!? 前かがみにされるとふとももと胸で圧迫される!?)

罪木「んん……むにゃ、ひなた…さん……」

日向(動けない!? ど、どうしたらいいんだこの状況!?)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。