ms5_633-639

【教室】


苗木「えっ、舞園さんと? 付き合ってないけど?」

桑田「ホントだな!?」

苗木「うん。当たり前じゃん、僕なんかが舞園さんとなんて……」

桑田「だよな! だよな!!」

山田「……」

葉隠「……」

大和田「……」

石丸「しかし苗木くん! 君は一昨日、舞園くんとデートしていたそうじゃないか! 不健全だぞ!!」

桑田「んだとお!?」

苗木「あ、あれは一緒に買い物行っただけだよ!」

桑田「おめー先週もそんなこと言ってなかったか!?」

苗木「そんなことないよ! ……たぶん」


ギャーギャー




舞園「え? 苗木くんと付き合ってなんていませんよ?」

霧切「本当に?」

舞園「はい」

セレス「一昨日、苗木くんとデートしているのを江ノ島さんが見かけたそうですが」

朝日奈「デート!? カップル確定じゃん!」

舞園「ち、違います! 一緒に買い物しただけですって!」

霧切「貴女、先週も苗木くんと出かけてたわよね」

舞園「そうですけど、友達と買い物に行くくらい普通じゃないですか」

霧切「ふぅん……」

舞園「あっ! 用事あるんで今日はこれで失礼しますね!」

朝日奈「あっ、うん。また明日ねー!」


【校門前】


舞園「ごめんなさい、ちょっと話が盛り上がっちゃって」

苗木「ううん。僕も今来たとこだから」

舞園「今日の髪型どうですか?」

苗木「うん、似合ってるよ」

舞園「そうじゃなくって!」

苗木「はは、ごめんごめん。大丈夫だと思うよ。普段とは雰囲気違うから、よほど注目されなければバレないと思う」

舞園「よかったあ」

苗木「でも本当に似合ってるよ」

舞園「ふふっ、ありがとうございます。じゃあ行きましょうか」

苗木「うん。今日はどこ行く?」

舞園「うーん、寒くなってきたんで冬の服とか買いたいですね」

苗木「じゃあ電車移動かな。駅まで歩きながら決めよう」

舞園「はい。……あっ」

苗木「ん?」

舞園「手袋を教室に忘れてしまいました……」

苗木「……ん」スッ

舞園「……ありがとうございます」ギュ

苗木「どういたしまして」

舞園「……」

苗木「……」

舞園「暖かいです」

苗木「うん」

舞園「友達同士でも、手を繋ぐくらい普通ですよね」

苗木「うん、普通だよ」

舞園「ふふっ」

苗木「駅までだからね」

舞園「はーい、わかってますよ」


舞園「駅、着いちゃいましたね」

苗木「うん。じゃあそろそろ手を……」

舞園「……」ギュー

苗木「舞園さん?」

舞園「……わかってますよ」パッ



苗木「次の電車が来るまで5分か……」

舞園「苗木くん、苗木くん」

苗木「ん?」

舞園「寒いです」スッ

苗木「えっ?」

舞園「手が寒いです」

苗木「……」

舞園「……」

苗木「寒いなら仕方ないか」ギュ

舞園「はいっ」ギュー

苗木「……電車に乗るまでだからね?」

舞園「わかってますってば」




苗木「到着、っと」

舞園「うわあ、見てくださいあれ! ミッニーの着ぐるみですよ!」

苗木「本当だ。珍しいね」

舞園「苗木くん苗木くん! 写真撮りましょうよ!」

苗木「ミッニーと!? さすがにちょっと子供っぽくない……?」

舞園「そ、そうですよね……」

苗木「……」

舞園「……」

苗木「はあ……すぐ済ませるからね?」

舞園「……! はいっ!」


「はい、チーズ!」 パシャ


舞園「わあ! ありがとうございます!」

苗木「あ、せっかくだしメールで写真ちょうだい」

舞園「はい!」

ミッニー「いやあ、君ら仲いいねえ。見てて微笑ましくなるカップルだよ」

苗木「あっ、いや、その……」///

舞園「 か、カップルじゃ……ないんです……」///

ミッニー「ええ? 本当かい? じゃあ未来のカップルかな?」ニヤニヤ

苗木「あっ、あの、写真ありがとうございました!」

舞園「そ、それじゃあ!」

ミッニー「あー行っちゃった。青春してるねえ」




苗木「……」

舞園「……」

苗木「か、カップルに見えるのかな。僕たち」

舞園「まあ、男女で2人でいたらそう見えることもあるでしょうね」

苗木「付き合ってなんていないのにね」

舞園「ええ」

苗木「服、見に行こうか」

舞園「そうですね」




舞園「苗木くん! このセーターどうですか?」

苗木「似合ってるよ」

舞園「このコートは?」

苗木「似合ってるよ」

舞園「……苗木くん。さっきから同じことしか言ってなくないですか?」

苗木「えっ!? そ、そうかな……」

苗木(だって舞園さん、どんな服着ても似合ってるんだもん……)

舞園「ふふっ、どんな服でもってことはないですよ。でもありがとうございます!」

苗木「あれっ、今声に出してた?」

舞園「エスパーですから」

苗木「ああ……そんなにわかりやすいかなあ、僕」

舞園「ええ。とーっても」

苗木「あはは……」

舞園「次は苗木くんの服を見ましょう!」

苗木「ええ!? 僕はいいよ!」

舞園「いいえ、今日こそは苗木くんを完璧にコーディネートしてみせます!」

苗木「お、お手やわらかにね……?」




苗木「……」

舞園「え、えと……」

苗木「……」

舞園「こういうこともありますよ! 他のお店行きましょう! ねっ!」

苗木(まさかこの店の服、一番小さいサイズでもブカブカになるだなんて……)

舞園「苗木くーん!」

苗木(あはは……わかってたよ、どうせ僕はちょっと背が低めだよ……)

舞園「ほら、行きますよ!」ギュッ

苗木「うわあ!? な、何してんの舞園さん!?」

舞園「腕を組んでるんです。こうでもしないと引っ張って行けないじゃないですか」

苗木「じ、自分で歩けるよ!」

舞園「ダメです。しばらくこうして歩きます」ギュー

苗木「ま、舞園さん!?」

苗木(近い近い近い! ていうかなんか、その、柔らかい!)

苗木(あといい香りがする!)

苗木(って、何考えてるんだ僕は!?)///

舞園「えへへー、手を繋ぐだけより暖かいですっ!」

苗木(……しばらくこうしていよう。変なことは考えてないよ。うん、これっぽっちも)


舞園「あっ。そろそろ寮の門限ですね」

苗木「もうこんな時間かあ」

舞園「苗木くんと一緒だと、時間が過ぎるのが早い気がします」

苗木「はは、僕もだよ。帰ろうか」

舞園「はい!」




舞園「くしゅんっ」

苗木「だ、大丈夫?」

舞園「はい……やっぱり夜は結構冷えますね、さっさと帰っちゃいましょう!」

苗木「……ねえ、舞園さん」

舞園「なんですか?」

苗木「ちょっとこっちきて」

舞園「?」

苗木「じっとしててね。よいしょ」スル…

舞園「ん……これ、マフラー……?」

苗木「プレゼント。さっき買ったんだ」

舞園「ええ!? わ、わざわざすみません……」

苗木「いいのいいの、僕が舞園さんにあげたかっただけだから」

舞園「それじゃあ……ありがとうございますね!」

苗木「寒そうにしてたからさ」

舞園「今はあったかいですよ」

苗木「よし、じゃあ急いで戻ろうか」

舞園「なーえーぎーくーん」クイクイ

苗木「ん?」

舞園「寒くなくなったので、ゆっくり帰りましょう」

苗木「はは、そうだね」

舞園「はい」スッ

苗木「はいはい」ギュ

舞園「ふふっ」

舞園「でもいいですね。こういう、友達同士でプレゼント贈るのって」

苗木「うん」

舞園「今度は私が何かプレゼントしますね」

苗木「えっ、本当? 楽しみにしてるよ」

舞園「現役アイドルの手料理とかどうですか?」

苗木「それすっごい食べてみたい!」

舞園「あんまり期待しないでくださいね?」

苗木「すっごい期待してるからね!」

舞園(……こっそり練習しておこうかな。ほら、友達に下手な料理食べさせたくないですし)



苗木「まあ、舞園さんが作ってくれた料理ならどんなものでも嬉しいけどさ……」ボソ

舞園「何か言いました?」

苗木「ううん、なんでも。いやあ、舞園さんと仲のいい友達になれてよかったよ」

舞園「はい、私もです!」



苗木(僕と舞園さんは友達同士。そう、ただの、ちょっと仲のいい友達)

苗木(付き合ってるとか、恋人だとか、そんなんじゃないよ)

苗木(舞園さんは国民的アイドルだしね)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。