kk25_151-154

私は暑さに頭でもやられてしまったのだろうか。
それとも、時間を有り余すことに慣れていないせいなのか。
いずれにせよ、普段の自分では無いことは確かだった。
健康に悪いことは承知だが、クーラーの温度を一気に下げた。
鋭さすら感じる風が、頬を突いた。
少し、冷静さを取り戻せた気がする。


改めて、自分の所業と向き直した。
デフォルメされすぎているが、確かに彼を模っている。
その、苗木君の姿を。


「なんでこんな物を作ってしまったのかしら……」


こんな物、と言いつつも、それに親しみを感じてしまうのが苛立った。
あまりいい出来では無いぬいぐるみが、人畜無害の微笑みを張り付かせている。


そもそもとして、仕事が休みなのがいけない。
加えて、苗木君が休みでは無いのもいけない。
調子が狂うからと、自分も出勤しようとしたら、
半ば怒っているような形相で、咎める苗木君もいけない。
そして、それに気圧されてしまった私もいけない。


これだけ重なってしまったのだから、しょうがない。
そう自分を宥められる人間なら、もう少し楽に生きられている。


もやもやを苗木君にぶつけた。
とは言っても、もどきにすぎないぬいぐるみを抱き締めても、
気持ちが晴れるはずが無いのに。
……はずが無いのに。


どうして、落ち着いてしまうのだろうか。
本当に、普段の自分からはかけ離れているようだ。


もう、思考を続けるのも嫌になった。
ベッドに身を投げて、意識を手放した。



「……切さん……霧……さん」


ぶつ切れの声が、耳に入った。
重たい瞼を上げると、ぼんやりとした輪郭が映った。
苗木君、だろうか。
いや、彼がここにいるはずがない。
今頃は、忙しさに追われて、夜まで身動きが取れないはずだ。


ということは、さっきのぬいぐるみだろうか。
全く、どうかしているらしい。
幻聴まで聞こえるなんて。


それにしても、随分離れているように見える。
胸に抱えていたはずなのに。
癪だが、もう一度引き寄せることにした。


「こんな冷えた部屋で寝てたら、風邪を引いちゃうよ。取りあえず一回外に……な、なにをしてるの?」


幻聴まで、私を気遣ってくるのは、らしいと言うのか何なのか。
まあ、悪い気はしなかった。
さっきよりも、気持ちが安らいでいる。
どうしてか、抱き締めると、しっかりとした感触が伝わって、
……苗木君の匂いがした。


それに、風邪を引くなんて現実味が無い話だと思った。
こんなに暖かいのに。


心地よいまどろみの中で、頬を緩めた。



意識が戻ったのは、昼下がりを少し過ぎたあたりだった。
行き場の無い思いはすっかり消えてしまっている。
頭の中は澄み切っていて、普段より冴えていた。


こんなに寝覚めが良かったのはいつ以来だろうか。
意外と、このぬいぐるみも捨てたものではないらしい。


……ぬいぐるみ? 
……これが?


ピグマリオン効果、というものだろうか。
彫刻に恋焦がれて、本物の人間のように接していたら、
本当に命が宿ったというあれだ。


……いや、それは名称の元になっただけで、ただのフィクションだ。
無機物に当てはまる訳がない。


じゃあ、どういうことだ?
どう見ても、等身大だった。
顔は埋めていて、分からないが、特徴的なくせっ毛が、ぴょこぴょこと忙しなく動いている。


肩と思わしきものを掴んで、仰向けに直した。


「苗木君、なの?」

「だ、誰に見えるの?」

苗木君に見える。


……えっ?
数瞬置いて、澄み切った頭は平穏を失くした。



「……ごめんなさい。拘束してしまって」

「い、いや。別にそれはいいんだけどさ」


必死に平静を装っているが、目は合わせられなかった。


「どうして、ここにいるのかしら?」

「……哲学的、だね」

「いいから答えて」


足らないのは分かっているが、もう上手く言葉が出て来ない。
相当、参っているらしい。
誤魔化すように、苗木君を睨んだ。
……またやってしまった。


「え、えっと。午前中で切り上げられたからさ、早めに帰って来られたんだ」

「……そう。幻聴じゃなかったのね」

「えっ?」

「いえ、なんでもないわ」


連絡の一つでも寄越して欲しいと思ったのは我儘だろうか。
……いや、眠っていて対応出来ないのかもしれないが。
どちらにせよ、こんな醜態を晒す羽目になる可能性が少しは減ったと思う。


「あ、あのさ……これ、どうしたの?」


苗木君が向いた先にあったのは、苗木君だった。
いい加減、平静を装うのも辛くなってきた。


「寂しかったのよ……」

「えっ?」

「なんて言ったら、あなたは慰めてくれるのかしら?」

「だ、騙したね……」


別に、苗木君を騙してはいなかった。
騙したのは、自分の気持ちの方だ。


寂しかったに決まっている。
こんなおもちゃを作って、気を紛らわせているぐらいには。
本当に、慰めて欲しかったが、そんな弱味は見せたくない。
いくら苗木君の前でも、そこまで晒す勇気は出なかった。


「暇だったから、なんとなく作っただけよ。意外とかわいらしいでしょう?」

「自分のぬいぐるみをかわいいとは思えないよ……」

「それもそうね」


ごもっともな意見だった。
少し、可笑しくなって、気持ちが落ち着いて来た。


冷静になって苗木君の方を見ると、様子が変なのが分かった。
どこかそわそわとしていて、覚束なかった。
やっぱり、分かり易い。
それに気付かなかったあたり、事態の深刻さを物語っていた。


「苗木君、落ち着きが無いけど、何か隠しているの?」

「い、いや……なんでもないよ……」

「分かり易いあなたには隠し事なんて向いてないわ。
さっきも、『それは』いいんだけどって言っていたじゃない。
私に出来ることなら力になるから、教えてもらえないかしら?」

「ありがとう……嬉しいけどさ、本当に分かっているの?」

「……生意気な物言いね」


らしくないような問いだった。
少し、ムキになっているように見える。


「霧切さんの鋭さなら、そんなこと言わなくても分かると思うんだけど……」

「本当に、生意気ね。いいから、話してもらえない?」

「だからさ! 霧切さんは凄くかわいいんだから、
ずっと抱き付かれていたら落ち着かないのは当たり前だよ!」

「えっ?」


苗木君が言うには無理がある言葉だった。
だから、一瞬で彼の顔が真っ赤になったのはその証明で、
本音であることが痛い程に分かってしまった。


……かわいい?
……私が?


意味を認識するまでには、数秒掛かった。
認識してから、顔に熱が集まるまでは、一秒も掛からなかった。
堪らなくなって、苗木君の胸に顔を埋めていた。


「き、霧切さん……?」

「何も、言わないで……」


どうせ、酷い顔をしているなんて、隠せてもいない。
それでも、気休め程度のことはしたかった。
苗木君は私の言った通りに、何も言わなかった。
ただ、軽く背中に手を回して、抱き留めてくれていた。



「……やっぱり、かわいいなんて、あなたが言うには無理があるセリフね」

「ボクが一番痛感したよ……」

「だから、私も、一つだけ無理を言いたいの。いいかしら」

「えっと、どうしたの?」

「……寂しかったわ。慰めて」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。