舞園さんとセレスちゃん

「多恵ちゃん、おはようございます!」

「‥‥‥‥‥ <●><●>」

「あ、済みません。馴れ馴れし過ぎましたか?やっぱり多恵子ちゃんって呼んだ方が良かったですかね?」
「セ レ ス テ ィ ア ・ ル ー デ ン ベ ル クですわ。何度言えば理解してくださるのでしょうか?舞園さん」
「えー、“多恵子ちゃん”の方が絶対可愛いのにー」
「まったくもって余計なお世話ですわ。今すぐに訂正してください」
「分かりましたよ‥。それじゃ、代わりに私のことは“さやか”って呼んでください。そうすれば、多恵子ちゃんのこともセレスちゃんって呼んであげます!」
「何ですか?その訳の分からない交換条件は?」
「私達もうお友達じゃないですか? やっぱりいつまでも他人行儀なのはどうかと思うんです。だから、ここで一気に距離を詰めようかと思いまして!」
「‥なんで、わたくしがあなたと“お友達”などに‥」
「ほらほら、照れないで。恥ずかしいようなら“さやさや”とか可愛いく呼ぶのもありですよ!」
「照れてなどいません!本当にあなたはいつも煩わしいですわね‥」
「確かに、多恵子ちゃんは友達少なそうですから、他人の下の名前を呼ぶことに抵抗があるのかもしれませんが、何事も経験ですよ!頑張ってください!」
「だから恥ずかしがってなどいないと言っているでしょう! 分かりました、呼べば良いのでしょう、呼べば」

「だから、わたくしを本名で呼ぶのはよしてください。 コホン、え、えーと‥、さ、 さ‥、さやか‥さん」

「わーい、良くできました!やったね多恵ちゃん!! 珍しく顔が赤くなっちゃって、もう可愛いですよ!」
「だからその名で呼ぶなと言ってんだろうが、いい加減にしやがれこの腹グロアイドルがぁああああああ!!」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。