nc9_32

七海 「お腹空いちゃったな...」

日向 「そうだな、もう昼だしなんか食べるか?」

七海 「うん。でも私、たまには花村君以外の人の手料理も食べてみたいな...って思うよ?」

日向 「う~ん、でも頼んだところで作ってくれるような奴がいるのか?」

七海 「ジー...」

日向 「...」

七海 「...」 

日向 「...何が食べたいんだ?」

七海 「作ってくれるの?」

日向 「そのつもりだったんだろ」

七海 「フフフ、やっぱり分かっちゃうか」

日向 「当たり前だ。どれだけ一緒にいると思ってんだ」

七海 「じゃあね、私今まで誰かと料理を作ったことが無かったから、日向君にいろいろ教えて欲しいな」

日向 「二人で作るのか? じゃあまずはエプロンから探しに行くか」

七海 「うん! ついでに材料も買って行こうよ」

日向 「そうだな」

七海 「楽しみだね」

日向 「あぁ、それで結局、何が食べたいんだ?」

七海 「...あー、日向君が作ったお味噌汁を食べたいかな?」

日向 「味噌汁? いいぞ」

七海 「...やっぱり鈍感の日向君には分からないか」

日向 「ん? 何か言ったか?」

七海 「ううん、何でもない。 早く行こうよ」

日向 「あ、あぁ...」


七海 (日向君...いつか気づいてね)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。