サンタさんへのお願い

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/12/21(日) 19:51:03.02 ID:XIYb2ws7
もうすぐクリスマス

舞園「クリスマス楽しみですね、私サンタさんにマイク頼んでいるんです。」
朝日奈「私もドーナツのソファもらえるようにお願いしているよ。」

セレス「ふふ…くだらないですわねいい年をしてサンタさんなどと…」
戦刃「…セレスさんはサンタさん信じてないの?ちなみに私はレーションを
   頼んだんだよ。」
大神「我はプロテインを頼んだ。」
セレス「あなたたち…もう少しまともなものを頼んだらどうです?」
腐川「あ…あたしなんか来たこともないわよ…あたしみたいなブスのとこには来ないのよね…
   …ヘックシ!!毎年BL同人誌頼んでんだけど来ないんだよねー、サンタさんって
   ウブなのかしら~!!萌える~!!」
セレス「ふん、サンタごときではしゃぐなんて…それでも高校生ですか?」

江ノ島「クマのぬいぐるみを頼んだ江ノ島盾子ちゃんでーす!!アンタの部屋あさってたら
    こんな手紙見つけたんだけどー。」

(サンタさんへ、ぎょうざください、たえこより。)

セレス「!!…か、勝手に人の部屋あさって手紙見つけてんじゃねーよ!!び、ビチグソ!!
    ど、どうせそれもアンタが書いたんだろ!?」
霧切「でも、筆跡があなたのものと一緒よ、ここまで言えばわかるわね?
   いいじゃない、私が頼んだ虫眼鏡よりはまともだと思うわ。」
セレス「~~~~~~~~~!!」(顔真っ赤)

終わり、ちょっとセレスさんにお仕置きされてきます


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/12/22(月) 11:35:44.84 ID:7baKGAp1
 >>521
苗木「それは違うよ!>>>BREAK<<<」

苗木「みんな、良く考えてみてよ…女子高生がクリスマスプレゼントに餃子をねだるなんておかしくない?」
苗木「これはきっと江ノ島の罠だ!意味は分からないけど、セレスさんの信用を下げて何かまた悪い事をしようとしてるに違いないよ!」
江ノ島「は?何でアタシがそんな事しなきゃなんないのよ?」
苗木「騙されるもんか!セレスさんがそんなバカみたいな事をする訳がないんだよ!」

傷口に塩を塗り込む苗木君


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/12/22(月) 21:21:12.69 ID:TOM8+6Wr
 >>526
十神「甘いぞ苗木!!」
苗木「十神クン!!」
十神「俺はサンタにルアックコーヒーを頼んだんだ、餃子を頼む奴がいても
   おかしくはない。」
山田「僕だって油芋を頼みましたぞ、食べ物を頼むののどこが悪いのです。」
石丸「そうだ!!サンタさんに何を頼んでも自由ではないか!!僕は参考書を
   頼んだぞ!!」
セレス「あ、あの…も、もうやめにしましょ?ね、ねぇ?」
大和田「あ、何言ってんだ?
    だいたいおめぇがサンタさんに餃子なんか頼むからだろうが!
    俺みてぇにバイクとかカッコいいものを頼んどきゃあよかったんだ。」
桑田「ちなみに俺は舞園ちゃんのライブのチケット頼んだんだ。」
葉隠「俺は世界中のオーパーツだべ!!」
苗木「僕は新しいゲームだよ。」
不二咲「僕はパソコン…」
霧切「へぇ…みんないろいろ頼んでいるのね…ところでセレスさんは?」

その頃、上級生の教室
セレス「もう顔から火が出そうで…あの浮かれた連中のところには
    いられませんわ…」
日向「そ、そうか…つ、つらいな…(桜餅頼んだなんて言えない…)」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。