パラドックス実験

いつものように授業を終えたボク……苗木誠は、クラスメイトのセレスさんと一緒に、校舎棟の上階へと向かっていた。
「ううん……学園長から直接呼び出されるなんて、どうしてだろう。緊張するな……」
叱られるような心当たりはなかったものの、特に褒められる事もしていない。
「さあ……行けばわかるでしょう。何にせよ、手短に済ませて欲しいものですわね」

学園長室の重厚な扉の前に立ち、ノックをすると『どうぞ』という声が返ってきた。扉を開けて中へと入る。
「やあ、よく来てくれたね。苗木君とやすひ……セレス君。こっちにかけて」
意外とにこやかな学園長に応接セットに通されると、一人先客がいて驚いた。知らない顔だ。
「さて、全員そろった所だし、始めよう。今日、わざわざ君たち三人に集まってもらったのは、ある実験に協力してもらいたいからなんだ」
「三人で……実験ですの?」
「そう、幸運の実験。人間の持つ能力のうち、運というのはまだまだ未知の部分が多い。
 運の個人差は、私を含めた研究者にとって重要な課題の一つで……個人的な興味もあって、是非、君たちの才能を見せてもらいたい」
学園の教師が、同時に才能の研究者である事は知っているが、学園長も例外ではなかったみたいだ。
「そうか……それでボクとセレスさんが。……って、事はこっちの……」
向いのソファにかけていた先客が立ち上がり、親しげに微笑んだ。
「はじめまして。ボクは狛枝凪斗。苗木君と同じ……77期の“幸運”さ。やあ、そっちがギャンブラーのセレスさんだね。
 キミみたいな有名人に会えて光栄だよ。いやあ、今日はツイてるなあ」
超高校級の幸運とは……毎年一人、希望ヶ峰学園に抽選でスカウトされた、“幸運”な高校生だ。
この人がボクの一期上の先輩。背が高い、やけにフレンドリーな人だな……。

「それで……実験というと、何を?」
「いや、そんなに身構えなくてもいいよ。時間は取らせない。そこにトランプがあるから、それで2人ずつ遊んで成績を見せてもらいたい。
 まずは君たちの運の強さを比較をしてみたいんだ。一般人代表として、私も参加するから」
要は、トランプで全員と対戦してみればいいだけか。セレスさんと顔を見合わせる。
「面白いですわね。いいですわ。わたくしと苗木君の差は、改めて比較するまでもないでしょうが……」
確かに。セレスさんとは色んなゲームで遊んだけど……いつもボクが一方的に搾り取られている……。
「では、どんなゲームで対戦しましょう。時間をかけずに回数をこなすなら、ポーカーはいかがです?」
セレスさんの提案に全員が賛同したが、次の言葉で学園長の表情が変わった。
「賭け金は少額ではつまりませんが、皆さん、持ち合わせはありますの?」
「ちょ、ちょっと待ってくれセレス君。お金を賭けるのか? 学園内でそれはまずい」
「まずいと言われましても……わたくしの才能はギャンブラーですわよ。賭けなくては実力を出せませんわ」
「いや……しかしだね、日本の法律で賭博は禁止されて……私も教師として見逃す訳には……」
……ボクとセレスさんがいつもしている事は……一回ごとはジュース代程度で大した額じゃないけど、黙っておこう。
考え込んでしまった学園長に助け舟を出すように、狛枝先輩が口を開く。
「じゃあ、飲み物のオゴリを賭けるっていうのはどうかな。ほら、テレビのバラエティー番組でもよくあるじゃない。
 食事を一回おごるとか一発芸をするとか、一時の享楽を賭けるのは賭博にあたらないはずですよね?」
「そうか……そうだね。よし、それでいこう。負けたら学園のカフェで好きな飲み物をおごるという事で。
 ああ……それと、もちろん、君たちには私が別に実験協力の報酬を出すからね」
話はまとまった。早速、実験……という名のポーカー勝負を始めよう。

まずはボクと狛枝先輩で対戦。
セレスさんが鮮やかな手つきでカードをシャッフルしながら学園長に尋ねる。
「当然ながら、強い役で勝つほどオゴリの内容も豪華になる……という事でいいですわね?」
「それは……」
「ハイリスク・ハイリターンでなくて何がギャンブルでしょう。そう深刻に考えなくても大丈夫ですわ。
 ワンペアならお飲物を一回、ツーペアなら二回。フラッシュならケーキセットを……という具合にすれば」
「うーん……まあその程度なら。だけど、本当に無理はしないでいいからね」
ボクと先輩も了承し、手元にカードが配られた。
「カードの交換は一回まで。三回勝負と参りましょう。それでは……オープン・ザ・ゲーム」

狛枝vs苗木
一回戦――
「……役無し。ブタだね」
「……ボクもブタです」
「緒戦の結果がこれとは……お二人とも、幸運の名が泣きますわよ。呆れて物も言えませんわ」

二回戦――
「ツーペア。どうかな」
「ワンペア。……先輩の勝ちですね」

三回戦――
「ワンペア。今度は苗木クンの勝ちかな?」
「……ワンペア。引き分けです」
「トータルで狛枝さんが僅かに勝ちですが……何て退屈な結果でしょう」
「平均的な結果だね。記録しておくよ。……幸運同士だと相殺されてしまうのかな……?」


セレスvs狛枝
一回戦――
「スリーカード。いかがでしょう?」
「ワンペア。さすがは超高校級のギャンブラーだね」

二回戦――
「ストレート」
「うーん……役無し。ブタ……」

三回戦――
「……来ましたわ。ロイヤルストレートフラッシュ……!」
「うわ……フルハウスが出来たのに……」

「えっと……ちなみにだけど、ロイヤルストレートフラッシュだと何をおごって貰えるの?」
「それは学食の一番高価なメニューでしょう。超高校級の料理人が作るスペシャルランチ。
 価格は確か、5000円でしたか。狛枝さん……勝負の結果は絶対のもの……負けた分は、きっちり払って頂きますわよ」
事もなげに答えるセレスさん。前の分も足すとそれ以上の出費だ。
心なしか狛枝先輩の笑顔が引きつっている……。
「こ、狛枝君。大丈夫かい? 何なら私が……」
「いや……大丈夫ですよ、学園長。ボクみたいなゴミが超高級のギャンブラーにおごらせて貰えるなんて、むしろ幸運です。
 ふふ……ふふふふふふ……」
こ、狛枝先輩……目が本気だ……。
さすがに重苦しい空気に耐えられなくなったのか、学園長は席を立ち、壁際に置かれたアンティークなラジオの電源を入れた。
『……続きまして、ホープ宝くじ。いよいよ、一等の発表です。……12組の――』
ラジオの声に合わせるように、狛枝先輩がポケットから何か取り出した。くしゃくしゃの宝くじの券だ。
「……当たってる。そうか、この前何となく買ったけど……今日が当選発表だったんだ」
「え……あ、当たってるって、宝くじの一等が!?」
ボクも券を見せて貰ったが、本当だ。……こんなタイミングで大当たりなんて……。
「……何でしょう。わたくしが勝ったはずですのに……釈然としませんわ」
「不運の後に幸運……これが狛枝君の才能か……実に興味深い……」


苗木vsセレス
一回戦――
「ツーペア……どうかな?」
「……スリーカードですわ」

二回戦――
「ブタだ……うう」
「ストレートフラッシュ。うふふ……また、わたくしの勝ちですわね」

三回戦――
その前に、ボクはふと心配になり、自分の財布の中身を確認した。
「あの……セレスさん。悪いんだけど、もう持ち合わせが……
 今の勝負と、さっき狛枝先輩に負けた分ですっからかんだよ……」
「仕方ありませんわね……。それでは、次の勝負では衣服を賭け、負けたら身ぐるみを剥がさせて頂きましょう。
 持ち合わせのない客に対する、古式ゆかしい賭場のルールですわ」
相変わらず上品に微笑んでいるが、もちろん本気に違いない。慌てた学園長が口を挟む。
「ちょ、ちょっと待ちなさい。それは色々と問題が」
セレスさんは面倒くさそうに小さく舌打ちして……再び、笑みを作った。
「まあまあ。これは罰ゲームみたいなもので、一旦お預かりするだけですわ。
 苗木君の服なんて貰ってもわたくしには使い道がありませんし、古着屋に売ってもオヤツ代にもなりません。
 今日、お帰りになる時には体操服でも着ればいいでしょう。ねえ、苗木君……?」
これは……学園長を納得させる為だけの方便じゃないかという気がしたが、笑顔の裏の圧力を感じてボクは無言で頷いた。
一応、学園長もそれで満足したのか、矛を収める。
では、改めて三回戦――

「ワンペア……ダメか」
「…………あら。役無しです。負けてしまいましたわ」
これは……! トータルではボクの大負けだけど、100回に1回ぐらいはこういう事もある……。
「へえ、珍しいね。これが苗木君の幸運か。……この場合、セレスさんが苗木君に服を渡すのかな?」
「え……いや、それは」
そう言えばそういうルールだった。しかし、勝ったといってもワンペアだから、上着を一枚預かる事になるのだろうか。
セレスさんは小さく首を傾げて、口を開く。
「わたくしにとって、ゴスロリ服は愛しているといってもいい程に大切な物。ここで脱ぐ訳には参りません。
 代わりに、後で一枚お渡ししましょう。…………前にも差し上げましたものね。あれを……」
恥じらうように僅かに顔を背けるセレスさん。
前に……と言われて記憶を辿り、ボクは一気に顔が熱くなるのを感じた。
「あ、あれって……もしかして、パン――」
思わず口に出しかけてしまった。とっさに口を噤み、そっと学園長の表情を窺う。
「……苗木君。後で説明してもらうよ」
「はい……」


最後に一般人代表の学園長と、ボク、狛枝先輩、セレスさんの順で対戦した。
「フルハウス。やった……」

「うん、スリーカード。ボクの勝ちですね」

「うふふ、またロイヤルストレートフラッシュですわ。やはり、こうでなくては」

学園長の全敗……セレスさんに至っては全てが大きな役だった。
ついに頭を抱えてしまった学園長をよそに、セレスさんと先輩が楽しげに話している。
「次に実験をする時は、麻雀がいいですわ。ちょうど4人いますし」
「ボクはロシアンルーレットでもいいよ。弾は5発で……ふふ……はははは……」
「いや……それはさすがに……」
こんな調子で、次があるのだろうか。
ともかく、これで今回の……どこか矛盾をはらんだ、幸運の実験は終了だ――。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。