kk32_201

「ボクが『霧切家』を存続させるよ!探偵は霧切さんの誇りなんでしょ?」
「世界がこうなってしまった今、私には『霧切家』なんてただの形でしかないのよ」
「こんな世界だからこそ、探偵も必要だと思うよ」
「あなたを危険な稼業に引き込みたくないのよ、あなたは普通でいいのよ」
「…普通のボクには荷が重すぎるってこと…?そりゃ、僕は才能らしい才能なんて持っていないし…」
「そんなこと言ってないでしょう?苗木君には苗木君なりの役割があるのよ」
「ボクにだってやりたいことがあるんだよ、キミに必要とされる人物になりたいだ」
「結構よ」
「……霧切さんのわからずや…」
「何か言ったかしら…?」
「いいよ、もう。ボク帰るね」
「……」


「朝日奈さん…、私どうしたらいいのかしら…。今朝から苗木君が口をきいてくれないわ…」
「うーん、響子ちゃんのためになりたいっていう苗木の気持ちもわかるなぁ」
「違うのよ…。苗木君の気持ちはわかっているつもりよ…。そうじゃなくて…」
「?」
「な…『苗木響子』って名乗りたいのよ…」
「」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。