kk34_514

「えへへ、これからよろしくお願いしますね霧切さん♪」
「ええ、よろしく、こまるさん」
「あっ、これから苗字一緒になるのに旧姓呼びはおかしいですかね?何か考えましょー!」
「え、ええ…//」

苗、…誠と名前が一緒になる、という事実に少し照れを感じ、少し頬を染める。

「やっぱ無難にお義姉さん?いや、ちょっとつまらないな…
あ、霧切さ…はお嬢様っぽいし、『響子お義姉さま』はどうでしょー?」

「…ぁ、や、やめてッ!」

おそらくは冗談で言ったであろうその呼び名__
それはあまりになじみ深く、あまりに苦痛な、唯一霧切のトラウマであった。


思い出したのだ、あの日を。

お姉さまと呼び、慕っていた人に裏切られた、あの日見た…

自分の手が焼きただれ、それを眺める彼女の目を。


泣けど叫べど、助けてくれはしない。無邪気な目の面影はない。



響子が、人を信じることができなくなった原因を、思い出したのだ。


響子の額が、じっとりと汗に濡れてゆく。


「ど、どうしたんですか?あ、何か気に障ること言っちゃいました!?ごめんなさい!…大丈夫ですか響子さん?」

急に大声を上げた私に驚いたこまるは、響子の異様な様子に気付いたみたいだった。

「はっ…だ、大丈夫。急に大声上げてごめんなさい。呼び名は今の 響子 でいいわ」

額の汗をぬぐう。

嫌なことを思い出した。急に大きな不安を感じる。


でも__


彼はきっと、私を裏切ったりしない。

そして私も裏切らない。

「…トラウマにされるなんて、嫌だもの」

誠が向こうから歩いてくる。

そして響子も、歩いて行った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。