310

葉隠「そういえばアルターエゴは苗木っちの時は来たのに霧切っちの時は来なかったな。どうしてだべ」
エゴ「え?えっと…それは…」
苗木「ど、どうしたの?アルターエゴ」
エゴ「………な、苗木君は…ボクにとって…///」
葉隠「えちょま…」
苗木「あ、アルターエゴ?」
エゴ「苗木君…ボク…苗木君の事…」
朝比奈「で、でもアルターエゴだって男じゃ…」
エゴ「ボク、プログラムだよ…性別だって…」
桑田「プログラム始まったな」
山田「ぐぬぬ…おのれぇ…まさかアっちゃんの心までダンガンロンパしていたとは…」
石丸「おおおおおおおおおおおおっ!兄弟いいいいいいいいいいいいいいいい!」
桑田「アっちゃんは止めろよ…武勇伝♪武勇伝♪思い出すだしちまうじゃねぇか…」
大和田「かっきーん!」
不二咲「モンちゃんかっこいー!」
十神「苗木だけは何としても助けたかった、か…プログラムのくせに…なかなかやるじゃないか」
腐川「びゃ、白夜様に褒められるなんて…な、生意気よ!プログラムのくせに!」
エゴ「最近じゃ現実のように女の子と付き合えるゲームもあるんだし…な、苗木君…」
苗木「あの、僕は…」
霧切「そう、苗木君への愛が貴方を動かしたのね。だから私の時は助けに来れなかった…」
苗木「き、霧切さん!?」
エゴ「ご、ごめんなさい…」
霧切「別にいいわ。私がヒロインと言う事に変わりはないもの」
苗木「ちょ」
霧切「私と苗木君は同じおしおきだたのよ。主人公とお揃い…これってまさにヒロインと思わない?」
エゴ「むむむ…」
舞園「ふふ、私もいますよ…苗木君の心に残り続けている私こそ真のヒロイン!」
桑田「ヒロインっつーかトラウマじゃねぇか」
舞園「モノクマさん、お願いします」
モノクマ「おしおきターイム!」
桑田「イヤだぁあああああああああああああああ!」
舞園「苗木君は…私の味方なんですよね?」
霧切「苗木君…言わなくても分かるわね?」
エゴ「苗木君…ボクを必要としてくれる?」
苗木(に、逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…)
苗木「」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。