メニュー

■ RPG攻略

■ 調教攻略

■ データ


その他



閲覧者数(合計) -
閲覧者数(本日) -
閲覧者数(昨日) -

更新履歴

取得中です。

ここを編集

javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。

CFLAGとは

システム上におけるCFLAGの扱い

CFLAGとは、 キャラクターそれぞれに設定されている固有フラグ のこと。
  • CFLAGには便宜上、2種類が存在する。
    • 共通(システム)CFLAG
      • 全キャラ共通で使われるCFLAGの事を指す。
    • 口上CFLAG
      • 各キャラ・各口上それぞれが独自に定義できるCFLAGを指す。


例:(全てシステムFLAG)

  • 売却条件を満たした場合、CFLAG:1(売却可能フラグ)が立つ。
  • 調教により依存度が変動した場合、CFLAG:2(依存度)に記録される。
  • 契約をして売却不可条件を満たした場合、CFLAG:7(売却不可フラグ)が立つ。
  • 調教を通じてストレスが溜まっている場合、CFLAG:10(ストレス値)に数字が書き込まれる。


CFLAGの特性

  • CFLAGは独立性が保証されている。
    • 例えばAというキャラでCFLAG800をどう定義・使用しても、
      BのCFLAG800においては影響しない。
      つまり、同じCFLAG800にAとBで全く違う仕様を持たせることも出来る
    • あるキャラのCFLAGに何らかの数値が代入されても、
      他のキャラの同じCFLAGには全く影響を与えない。
  • CFLAGはABL・BASE・TALENTと比べると設定出来る条件が多いので自由度が高い。
    なのでフラグとしての利用方法はバラエティーに富んでいる。
    というより、それらの配列の定義からは漏れる 「その他のフラグ」となる。
  • ひとつのCFLAGは複数の役割を持つことが出来ない。
    役割ごとに別のフラグを使用する必要がある。


口上内でのCFLAGの扱い

  • CFLAG:200-999がera側で口上用として確保されている領域である。
    口上用CFLAGとシステムCFLAGの変数の仕様は同じだが、 口上においては性質が違っている。
  • CFLAG自体は基本的に使用方法は定義されておらず、バリアント制作者がCflag.csvに記述して定義する必要がある。
    • Cflag.csvに乗っている定義→システムCFLAGと考えると理解しやすい
  • 口上テンプレートで設定されている口上CFLAGを利用する場合、 利用方法は予めテンプレによって定められている。
    • 口上テンプレをそのまま利用する場合、
      口上制作者が口上用として独自に使っていい領域として、CFLAG800-999の領域が確保されている。
      しかしこのCFLAG800-999の領域はあくまで推奨であり、 自由な裁量で仕様を変更することが可能である。
  • 口上CFLAGの場合、システムCFLAGと違って、 文字列による指定が不可能。
    というより、口上によって定義が違う「非共有変数」なので、
    Cflag.csvを用いて定義することが許されない。注意。


扱い方

  • CFLAG:X:N の形式で記述する。(Xはキャラ登録番号、Nはフラグ番号を示す)
  • 第一引数(X)を省略した場合はTARGET(調教対象)が参照される

共通CFLAGの場合

  • 第二引数(N)は数字のほか、文字列での指定も可能。
    というか、設定ミスなどのバグ防止のため後者での書き方を推奨。
    • 例:CFLAG:1ではなく、CFLAG:売却可能と記述することが望まれる
共通CFLAGとして定義されている内容は、csvフォルダ内のCFLAG.csvにおいて記述されているもの。
なので、内容についてはそれを参照されたし。

口上CFLAGの場合

  • 第二引数は数字で指定する。


CFLAG新規設定における注意点

CFLAG領域について

  • CFLAG領域的には200-999の範囲全てを使えることになっている。が、
    200-799は口上テンプレで使用されている。
    テンプレを利用する場合、この領域のフラグを操作するのは新規追加ではなく、
    既存のものを変更することになるので注意されたし
  • 800-999は「テンプレにおいて独自に新規追加する場合、推奨される領域」となっている。
    つまり、テンプレを使う場合、200-999のうち、800-999に関しては気楽にフラグを追加できる領域となっている
    ただし、場合によっては200-799の既存のフラグを改変したほうがよいので
    テンプレの定義領域の内容も把握しておくとよいだろう


  • 上記のとおり、CFLAGはやや特殊な性格を持つので、ほかの配列が適当そうな場合はそちらを選択する方がスマート。
  • 追加機能パッチなどで新規にCFLAGを利用する場合、 Cflag.csvに定義することを忘れないようにする。
    (Cflag.csvに記述=共有変数=システムFLAGとなる。またフラグの重複も防止できるので便利)
    • 当然、上記の注意点は共通システムとして用いる場合のもの。
      口上の場合は、 指定された領域内であれば、ほとんど制限はない


関連事項



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー