※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超人狼戦記ウォーウルフ 1991 TAKARA 開発元データーイースト



難易度7
1面~3面まで心地よい難易度で楽しめる。
しかし4面から事態は急変する。
敵の配置が極悪になる。
しかもコンティニュー制限が5回。(1up抜きで)
このせいで難易度が跳ね上がった。

音楽6
全体的にいい。
個人的には、最後のウォーウルフ戦の曲が好き。

操作性1
正直頭にきた。
それはバク転コマンド(後方に2回転ジャンプ)がAB同時押しということ。
AがジャンプでBが攻撃な時点で予想がつかなかったのだろうか?
誤動作しまくりである。
主人公がバク転して投身自殺しまくり。何なのこのレミングゲー・・。
理不尽なミスにストレスが超貯まった。

おもしろさ4
よくできてると思うんだけど
操作性で評価がドカン!と落ちました
アクションゲームは操作性が重要。
添付ファイル