※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆魔術◆

魔力を糧に発動する術の総称。
正しい知識と魔力、使用する魔術によっては媒介や魔方陣を必要とする。
魔力と才覚がないと使うことが出来ず、正しい知識を学べる場が限られており、
その性質上、魔術を扱えるものはギルド協会への登録が義務付けられている。



◆魔術の種類◆

魔術は大きく分けて下記の三種に分類される。
  • 精霊魔術
自然の力を炎や水などの四大元素として魔力を用い変換、具現化させ発動させる魔術。
主に攻撃、防御に関わる術が多い。
属性には適正があり、魔力のあるものはどれかしらの特性属性を持つ。
特性属性以外の属性も、適正さえあれば使うことが出来る。
  • 召還魔術
アレゴワルドと隣り合うと言われる異なる世界から、精霊や幻獣を呼び出し、契約使役する術。
魔方陣と呪文を用い対象を呼び出し、真名を授かり媒介への繋がりを作る契約召還と、契約済みの媒介と呪文により対象を呼び出し使役する使役召還の二過程ある。
契約召還を済ませないと使役召還をすることは出来ず、また契約召還の知識は精霊魔術や統制魔術ほど知られていない。
また魔方陣や真名を授かるという複雑な過程故に、戦闘中に行われることはほぼない。
使役召還は対象を呼び出し使役する、という方法が主だが、古くには憑依召還という精霊を自分に取り込むことでその属性や魔力を最大限揮うことが出来る術も存在していたが、拒絶反応や暴走などのリスクを伴うことを理由にその術は徐々に衰退していった。
現在では知識も広く知られてはおらず、修得している者は希少。
  • 統制魔術
属性に関わらず己の魔力を制御、変換、具現化する術の総称。
その使用方法は、基礎とされる魔力の置換や魔力の具現化。
また、魔力を対象の生命力へと転換する簡易回復、魔力で空間を作る空間魔術や魔力で幻影を作り出す幻術など多岐に渡る。



◆呪文◆

魔力を高め、魔術を発動させる為の工程の一つ。
魔力を高め、術の威力を上げる為の詠唱と、魔術を発動させる為の発動呪で構成される。
上級者になると、詠唱の破棄や詠唱のアレンジで発動魔術に変化を加えることも出来るが、逆に実力が伴わない場合魔術が発動しない場合もある。



◆媒体◆

一般的には魔石と呼ばれる魔力を留めやすい特殊な鉱石のこと。
また、魔石以外でも魔力などを無機物に留めたもののことを指す。
主に召還対象を任意に呼び出せるようにその力や、繋がりを留めて置く為のものや、
統制魔術の応用で、魔力を込めた媒体を離れた場所に魔方陣と共に設置し、自身の魔力と魔石の魔力を入れ替えることで移動魔術として用いられることもある。
その他にも利用方法は多岐に渡り、魔術師の間では必須とされている。
魔石の元となる鉱石は、殆どをギルド協会が管理、流通させている為、一般の者は入手しにくい。