※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここではこの世界における魔法の歴史にまつわる世界観を記載していきます。

参加者の皆様には基本的には関係ない事ですが、物議を醸すような設定なども稀に見受けられますので世界観を崩さないようにとの配慮の結果で製作したページです。



過去の事

  • 現在の呪文より遥かにバリエーションがあり、凡庸性が高かったとされる世代もあれば、ある2000年ほどは魔法自体がポピュラーでなかった世代などもあり世界的な「人材」の数に普及度が比例する為に魔法と言う技能自体に流行り廃りがある。また、過去の魔法に関しては後述だが強弱関わらず殆ど過去の魔法は現在では使用されていない。
  • また、魔法が最も発達していた時代には死者を蘇生するような呪文や、一瞬にして物質を消滅するような呪文もあったらしい。
  • そのような呪文はノウハウが不明のため、現在の魔法使用式で術を行使する事は現実的にほぼ不可能であり、世界観で五指に入るような魔法のエキスパートであっても発動すらままならない。または命を賭す必要があるほどである。
  • そのような呪文や、古くからの神話に残る魔法体系などは「伝説の魔法」と言う類に類される。


注釈:数万年を生きるキャラクター、または家柄が数万と続くような由緒ある名家の子息や素質ある者などが、過去の魔法を扱うことは可能とします。 しかし、それは本当に良いのかと言う分を弁えての使用をお願いします(基準が分からないようであれば一縷への相談を)


現在の事

  • 世界全体の歴史を見ての魔法普及率は中の上程度で、実用可能な程に魔法が扱える(魔法使い・魔術師・僧侶などの職業)は5~7人に一人とされている。
  • 歴史基準で見ると比較的扱いやすく種類も割と豊富であり、魔法剣や複合魔法(土と火で溶岩属性など)の応用技の種類も数多く見受けられる(ただし、魔法剣・複合魔法共に扱える人間は30人に一人程度。両方扱えるとなれば3000人に一人程度の基準となっている)。
  • ただし、威力の方は世界基準で見ればやや低いようで、現在の魔法体系で「奥義」とされる術式で大規模な地形破壊を行う事は極めて難しい。仮定としてそれほどの術を行使出来るともなれば世界でも名の知れた魔術師である必要がある。
  • また、魔法力をアイテムに込めた魔石や魔法書などが出回っている為。そのようなアイテムを使えば魔法を使えない戦士なども初級程度の魔法ならば使える事からクエストでは欠かせない品となっている。
  • しかし、攻撃魔法と回復魔法。のように他種目の魔法を扱える物は少なく、威力が低かろうとそのように他種目の魔法を使用できる業種を俗に「賢者」と呼ぶ事もある。 ふぅ・・・はしない。
  • また、前述の「伝説の魔法」に関する研究を行っている場所もあり、威力を下げても良いのでどうにか使えないかと研究者が苦心しているようだ。


注釈:魔法と言う技術は割とポピュラーなので、魔法使い・魔術師・僧侶・呪術師などの職業はどんどん歓迎しています。しかし、前述の通り賢者や魔法剣士などの壁は厚く、必然的に強力なキャラクターになる事もあるので(ジョーカー=ツゥペリシュ参照)、イベントのレベルによっては不参加などの兼ね合いも必要となります。
|