※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは〇〇王についての世界観を記載していきます。

参加者の皆様には基本的には関係ない事ですが、物議を醸すような設定なども稀に見受けられますので世界観を崩さないようにとの配慮の結果で製作したページです。




〇〇王とは

  • 様々な種族の長であり、複数存在する(例:竜王・魔王など)
  • 様々な種類はあれど、大抵の種族の長は何かしら圧倒的な力を有しており、種族の差や相性をひっくり返す程の力を持っている為。世界で有数の使い手と呼ばれる存在でも歯が立たない事もある。
  • 中でも、特に強力な魔族・竜族・獣族・水棲種族の王、魔王・竜王・獣王・海王を4王と呼び、地上・魔界でその名を知らぬ者はいない程となっている。
  • ただし、様々な種族の中でも「王」の庇護を受けずにひっそり暮らしている者も存在する。その様な種族には「長」がおり、長が王の代わりとなって種族を治めている(例:吸血鬼長)
  • また、王・長がいる種族の中でも王や長などに縛られずに生活する集落なども多数存在する。
  • 王は世襲制ではなく、基本的には一族で力の特に強いものがなる。 しかし、種族の中で特に力の強い一家などは幾つか存在しており、そういう幾つかの一族が王族を席取りゲームしているかのような種族も存在する。
  • 現在、魔王と呼ばれる者はこの世界に存在しておらず魔界は宰相と呼ばれる者が治めている。


注釈:このように、世界観に大きく関わって来る存在ですので参加者の方の〇〇王の製作はイベント以外では禁止しております。
|