※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

偽名:ユミエル=ツゥペリシュ

中の人:十朱

《プロフィール》

種族:人間(出来損ないのホムンクルス)

職業:ジョーカーの義理の妹兼、舞闘家

年齢:19歳

性別:女性

性格:感情豊かな女性。時と場合に応じて性格が転々として行くが,どれも嘘偽りの無い本人のもの。

容姿:淡いオフゴールドの腰まで伸びた長髪を無地の白絹で1つに結い纏めている。
瞳は深碧色に彩られ、白磁のような肌をもつ。
慎重156cm、体重48kg。

服装:白を基調とした首を覆い、腿を隠す程度のワンピースに、
レッグウォーマーを腕から肘にかけて付け、手袋を常に付けている。
その上から、黒と白を基調とした膝まで届く程のコートを身に纏う。

白い膝をも覆う程の長いロングブーツを履いている。

能力:付与魔法
自身のロングブーツにのみ意のままに操作する事ができる。
加速、空気を足場にする、停止など。
※何かをロングブーツから発する事はできない。

必殺技:流星“メテオ”
天高く上り、自身の付与魔法(加速)と、自然による恩恵である重力とを併せ放つ技。


ロングブーツ:金剛石をも凌駕する耐性をもち、それでありながら柔軟性も兼ね備えている。
また何をも電導させず、外界のあらゆるモノから所持者を守る。

備考:上半身の力は齢8歳程度ととても貧弱であるが、それを補い余りあるほどの強靭な脚力を持つ。

欠損持ちのホムンクルスで、上半身の筋力はまるで発達しない、また栄養を多く取らなければ身体を維持する事が出来ず、貧血をお越し身動きが取れなくなる。
その為、常にお菓子を持ち歩き食べている。

暫く義理の兄(ジョーカー)と離れ世界を回り修行?の旅をしていたが、それも終わりジョーカーの元へと帰ってきた。

※下記から義理は省きます。

兄をとても慕っているせいか、兄の写真を肌身離さず持ち歩いている。
また兄と離れ旅をしていた時に、余りの寂しさから“ジョーカー御兄様宗”という宗教を密かに作り一人で信仰している行き過ぎた一面も多く見られる。

偽名では、あるがジョーカーの苗字を好んで自分のモノにして使っている。
最近では、偽名を何食わぬ顔で本命であるかのように使用し、婚姻届用紙を常に持ち歩き、何かを企んでいる模様。



 -ユミエルの過去-
10年前の大戦の少し前に、とある国での錬金術を用いた術式実験により発明されたのが人工生命体“ホムンクルス”。
しかしこの実験は完全なる成功には至らず、被験体は尽(ことごと)く途中で死に絶え、数名の欠損を持った被験体だけが残った。
その内の一人が被験体名“Inea”現在のユミエルである。

残った被験体逹はやがて人心競売へと出品され、それぞれが例外無く高値で買い取られた。
そんな中ユミエルは10年前の大戦へと一人の独立兵として駆り出される事になる。

まだ齢9歳の子供で有りながら戦い殺す事しか知らなかったユミエルは、その大戦で敵、見方問わず非情なまでに殺戮の限りを尽くすがそんな時、ジョーカーと名乗る男性と出会う。
その男性はユミエルの技を尽く往(い)なすが、しかし決して攻撃に出る事はなかった。
それが長期に渡って続いたのか、ユミエルはジョーカーに対して怒りを露わにした口調で問う。
「どうして、私を攻撃しないのか」と。
するとジョーカーはユミエルを真っ直ぐに見て
「絶対に傷つけないよ。大丈夫だよ。」
と優しく語り掛ける。
その言葉に...初めて人から優しい温かみのある言葉を貰ったユミエルの瞳からは、何故か自分でも理解出来ないほどの大粒の涙を瞳からぼろぼろと零した。
それを、一部始終静かに見まり続けてくれたジョーカーは、ユミエルが安静を取り戻すと。
「一緒にくるか?」と誘いの言葉かけてくれ、少女はぎこちない、しかし始めての笑顔を浮かべると強く頷いた。

大戦が終わってからは、暫くジョーカーと旅を共にし、様々な経験を積み、人間味ある女性へとなっていく。

そしてある時、ジョーカーと一度別れ、自分一人で世界を渡り歩く事を決意し、数年に渡って終わりを向かえると、ジョーカーの居る地へとやってくる。
|