※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:ヴィタリー=スミルノフ
性別:男
年齢:280歳(外見年齢20歳前後)
身長:168cm
種族:吸血鬼
職業:洋館の管理人兼魔術師
性格:沈着冷静で、よっぽどの事が無い限り動じない。時にブラックだったりする
容姿・服装:やや長く多少ハネのある赤紫の髪・童顔寄りで端麗な顔立ち・深紅の瞳・薄紫のYシャツにループタイ、その上に黒に近い灰色のロングジャケット・黒みのある紫の翼・深緑の長ズボン・黒い靴 全体的にスマートな体型

持ち物:【アンティークポケットウォッチ】…手の平サイズの時計。折りたたみ式で、丸くて表面が黒い。中身の時計の背景色が臙脂色&時計の針と数字が黄土色。ベルト等に付けられるようにチェーンが付いている。外出時は必ずこの時計をベルトに付ける

能力:【魔術】
    風・炎・幻属性の魔術を使用でき、それぞれ上級まで扱える

   【千里眼】
    近距離から結構な遠距離まで、物理的な障害物があってもそれを無視して精細に視認することが可能

   【変身】
    複数のコウモリに変身する。戦闘時は目くらましや相手の視界を遮ることが可能。また、変身している間は魔術や千里眼は使えない。コウモリを倒すことは可能だが、一匹一匹が割としぶといので、根気よく攻撃しない限り倒せない

備考:一人称は「私」、二人称は「お前・貴様」。また、普段はあまり見せることは無いがたまにドSキャラになるコトも。
 とある街からやや遠く離れた洋館に住んでおり、洋館の管理をしている。また十数人の従者を雇っており、殆どの従者が人外である。
 管理人として常にしっかりしており、魔術師としても優秀な実力を持つ。また、反射神経・動体視力・瞬発力も優れている。
 それから、血は時々飲むが普通の食べ物や飲み物も普通に飲食できる。ちなみに人間のことは、変な言い方だが好きで嫌いである。

その他:ヴィタリーには双子の弟がいる。弟とは仲が良く、喧嘩をする事は滅多に無い。時たま会うことがあり、会っては世間話や相談事等をしている。
 また、双子共に十字架は平気である。が、ヴィタリーは意外にも鎌(特に大鎌)が駄目で、トラウマと言っていい程。鎌を手にしている人を見るだけでも恐怖を感じ退いてしまう。過去にショッキングな経験があったらしい。
 関係無い話だが、辛い物が恐ろしい程平気である。普通の人であればあまりの辛さで涙が出たり、むせたりするような激辛の食べ物でも、彼の場合は何事も無く普通に食べられる。恐ろしい子。
|