※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

11/18追記。

手札から魔法カード死者蘇生を発動!墓地からワイt・・一縷を特殊召喚するぜ!(ドン☆


11/04日追記。



一縷はTheworldへ行き、そして未帰還者となった。


そして、イベントルームは大きな転換期を迎える事となる・・・。



行く先は、繁栄かはたまた崩壊か・・。



運命を決めるのは君たちルームメンバーだ!




10/28日追記。

リーダーであった一縷があまりにも役に立たないのでリーダーは黒蝶へ移ります

やったねてふちゃん仕事が増えるよ!

一縷:藍色は滅びる! 何度でも蘇るわけじゃない! あ、だけど白さんがwiki編集は続行でお願いしますね^^


えっ? えっあのえ? え?

▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂ウワアアアアアアアアアアア






この書き込みは7/6時点である程度決まった方針を書いた物です


一縷氏がリーダーの座を退くに当たり、イベントルームの方針もある程度は変えていくことになります

どうしてそういう状況になったかは此処では書かないことにします



次期リーダーについて

白它氏が便宜上(?)リーダーを引き継ぐことになりました。リーダーといってもこれまでのようにイベントの運営、管理、ロルの状況を把握して全員が楽しめるようにする、などといった基本的なこと(?)を全てリーダーに丸投げせず、各自、自分なりに出来ることをしていけるようにしませう。遠慮する必要も無理する必要もありません(編集者の勝手な言葉)


具体的にどうするかについて

この状況を招いた一因に挙げられる(編集者の偏見)「イベントの乱立」について見直しをします
進行中のイベントは1人2個まで(あくまで理想です)として、そのイベントについては主催者が必ず責任を持って運営をお願いします。勿論参加者の皆さんもイベントを盛り上げる為に出来る限りの協力をお願いします。もう1度言いますが遠慮も無理もしないで大丈夫です

ロル自体については、これまた衰退(?)の一因である(編集者のry)「ロルの停止」を防ぐ為、その日ロルを行う際、諸事情により対応が遅くなる可能性がある場合は予め申告して下さい。開始してから事情が出来た時にもその都度報告をお願いします

尚、その日に行うイベントによって、その日のロルの進行担当は当然イベントの主催者になります。進行担当の方はロル最優先。とまでは言いませんがやると言うだけ言っていざ開始したら適当に。なんてことは絶対にしないで下さい。自分のイベントを行う日のロルは出来る限りの責任を持って進行をお願いします。編集者がよく言い訳に使う技量不足はこの機会に経験値を稼ごうとポジティブな思考でいきませう


じゃあ現状世界観、イベントはどうするかについて

編集者が前回の世界観リセット後に開催された学校物ロル(?)をとても気に入っており、他のイベントもそこまで進行していないということでとりあえず再びのリセットは持ち越し。現在開催されているイベントもいくつかは引継ぎとなります

現在引き継ぎ予定のイベントは

学校物→運営はNAGI氏or天馬氏に
ルーンファンタジー→運営は白它氏に
それぞれ変更となります


その日やるロルはどう決めるかについて

この辺は今までとほとんど変わりなく話し合いで決めてよさそうです。強いて言えばその日の主催者のやる気次第となります


運営つっても何すりゃ良いかについて

とにかくその日の出来事(ロル内にて)をメモをして、掲示板やwiki(此処)にそれを記録しておきませう

特にイベントルームの本来の世界とは異なる世界観で行うロルの場合(前例を挙げるならトリップイベントや冒険者イベントのようなイベント)、他の方が理解しやすいように出来る限りで良いのでイベントの内容を詳しく書いて下さい

そうすればその日参加した方も出来なかった方もイベントの現状をある程度は把握出来る筈です。だからってイベント増やしても大丈夫だと言うとそれは疑問なので程々に・・・・


まとめ

ちょっとここらでビシッとしよう

リーダーが変わります。今までみたいにリーダーに丸投げはしないこと

イベントも増やしすぎないように。ロルは出来る限り積極的に参加しよう。それが難しい時は報告を

増やしすぎないようにイベントは1人1人少なめに。そしてそのイベントは責任を持ってしっかり運営しよう。勿論参加者も出来る限り入って行こう

皆がわかりやすいようにイベント内での出来事はしっかり記録しよう。皆がわかりやすいように。特に特別な世界観で行うイベントはなるべく詳細に

後は変な緊張感を持たず皆で楽しもう。皆一緒。協力が大事。助け合いが大事



以上編集者の勝手な解釈、付け足しを交えて現時点での方針を記録しておきました。少しずつ方向を定めて行きます
|