※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「――――――燃えろ」

中の人:鴻上

名前:ランシス=ヴォルフガング
年齢:19歳 

種族:混血種(人間 9:龍族 1)

適正:魔術師

性別:男

身長:172cm 体重61kg

容姿:金髪のショートポニーテール 髪型と童顔の性か中性適容姿 
   服装は象牙色のロングコートを羽織り、中には黒色のロングTシャツ 瞳は両眼真紅色 その上に一般的なメガネを着用している

性格:過去の経験もありその性質は善 、性格もそう捻くれた物はなく 負けず嫌いで自分の意思を曲げない程度の意地は持ち合わせている。
   自他共に認める強情な所もあり、彼自身治そうとは思うがうまくはいかない。

能力『灼熱の魔眼』
   ランシス自身の両目こそが彼の特性であり能力
   『視界に捕えたモノを炎焼させる』という強力な魔眼。
   文面から強力と思われがちだが、この魔眼は正に『呪い』の様なモノであり,特殊な手段を持ちいらなければ制御する事は難しい。
   その上、使いすいぎると強烈な頭痛から始まり>一時的失明>一時的五感の全機能麻痺 と代償は徐々に大きくなっていく。
   現在は魔眼の効力を消す特殊なメガネ型の魔術道具により、メガネをかけている間は能力は封じられている。
   使用時、能力発動の自己暗示的な意味で『燃えろ』と呟く必要がある

   『結界術式』
  魔力で編んだ人体に無害な網を一定範囲まで広げ その内部の構造把握 生態感知などを行える。
  術式の精度は並みの魔術師と同等で、並みの魔術師レベルの魔術であれば数回防ぐ事も可能。

  『獅子の灼熱』
  彼自身の魔術の大本の要因になっている核。 これにより彼の属性は『炎』に固定化されている。
  この核を身に宿している以上 無尽蔵に上限が存在しない炎魔術を扱う事が可能。
  といっても彼自身の魔力量は並みの魔術師と同レベルであり 最大威力の火炎魔術を一度でも行使すれば寿命が5年は消し飛ぶとの事。
  歪である魔眼もこの核の影響を受けた為に現れた副産物である。
  普段は炎を形と成し 剣やマント等を作ったりと 応用性は高い


魔術:基礎的な人払いや、魔弾など、才能自体は魔眼方面に流れているため あくまでも平均レベルの魔術しか扱えない。

参考:代々続く魔術師の家系である『ヴォルフガング家』の子息として生まれる
   ヴォルフガングの一族は皆、優れた魔眼使いであったが ランシスはあまりに異端すぎる『灼熱』の魔眼を生まれながらに備えていた
   幼い頃のランシスは自身の力を制御できず数多くの被害を出し結果的に現当主である実の父親によって地下牢に閉じこめられ 
   自身の生まれを呪い、気がつけば全てを焼き尽くし家を飛び出す事になる。

   全てに絶望したランシスの前に恩師となる一人の魔術師が現れ、彼のその日を境に生まれ変わる事となる。

   その後、恩師である魔術師に弟子入りし その後仮卒業という形で「とある町」に送り出される 現在は恩師のような魔術師になるために日々を送っている


|