※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メイ・フィール 女 20歳 人間(メイド)

中の人:天馬


代々アドラー家に仕えている家系で、兄に代わってエイゼルお嬢様に仕える事になった

それは幼少時から決まっていた為彼女自身全く抵抗は無く、超有名学園を主席で卒業し、訓練を経て、2年前からメイドとして仕えている

容姿について
身長162cm体重47kg。茶色系の短めの髪、若干くせがある。服装は紺のロングスカートに白のエプロンを着用しナイトキャップ的な物を被っている。見た目は完全に只の美人なメイドである

能力について
身体能力は相当高い。人間の為「特別な」能力は無いが、「異常な」能力はある。詳しくは後述

その他武器について
武器に関してはとても豊富。基本の武器は箒の中に仕込んでいる刀。その他はメイド服の中に色々と仕込んでおり、それらを器用に使い戦う。普通の人間に比べると桁違いな身体能力を誇る為戦闘力はかなり高い方

「変態メイド」について
彼女と言えば変態。変態と言えば彼女。それ程までに超変態である

いわゆるマゾヒスト。身体的でも精神的でも、とにかく普通の人にとって苦痛と思う物事を受ける事を快感とする

どうして変態になったかと言うと、メイドになる為の訓練をしていた頃、教官が物凄く厳しい人でまるで拷問の様な訓練を日々強いられていたのだが、母から毎日の様に言われていた「どんな苦痛も主の為なら快感と思え」と言う言葉と、既に自分の主となる事が決まっていたエイゼルお嬢様からの温かい励ましがあり、奮起した所本当にどんな苦痛も快感になる体質になってしまった様子。

まぁぶっちゃけそんな人は世界中探せば他にも居るかもしれないが、彼女はその中でもトップクラスかと思われる。何故なら鞭あるいは殴る蹴る、ロープで縛る等の軽度(?)の苦痛では、HPは削れる所かむしろ大幅に回復する程。ある意味チートである

ちょっと「そういう」言葉を放つと彼女が羨ましそうにそっちを見ているかもしれないので注意
|