※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やれやれ、馬鹿な主人を持つと疲れますね」


ハーフウェイ=アーネット

中の人:サンゲン

年齢:17歳


種族:人間(ただし特異性ミュータント)


職業:高校生兼執事


性格:冷静で常識的に見えるが、路上喧嘩などの非合法ファイトに手をだしたり、タバコを吸ってたり等ところどころ真面目じゃない


容姿:金髪の大人っぽい少年風の顔立ち 身長169cm


服装:灰色基調の執事服に白い手袋と黒の革靴


能力:自身の肉体を鉄製の物体に変える能力。ただ体から離れたり火薬を使う物には変えられず、かつ自身の体積や質量と比例するので 余りに巨大なものは作れない そして鉄よりも硬度の高いものには破れる


備考:ヤンヨ専属の執事。10歳の頃に溶鉱炉に落ちる事故からギリギリ生還した際に自身の肉体と鉄が融合してしまい、現在の能力を手に入れる。


冷静で毒舌なので度々ヤンヨを小馬鹿にするが、主従関係なので命令は聞く。


溶鉱炉から落ちて融合した時顔が少し変わってしまったため身元不明で孤児院へ入れられた際、シテ家に引き取られ学費や寝食を提供してもらうかわりに執事として働き始めた。

その際の最初の勤めが「自分の一つ下のヤンヨのお守り」だったため、専属の執事となった。




「相手が誰であれ、無粋な手で若とお嬢様に触れられるのはご遠慮願いたい。申し出を拒否なされるなら実力で行使させてもらいます。」

|