※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AMとFMの違いについて説明します。


AM

アンプリチュードモジュレーション(振幅変調)を利用した方法です。



一番したにある振幅変調波がAMの放送波です。
波の幅によってラジオ等から流れる音が変わります。

幅=音ですので、ノイズが混ざるとそのままラジオやスピーカーに流れてしまう、ノイズに弱いという短所があります。

AMラジオ放送は1925年から開始されました。
回路が比較的容易に作れるという長所を持ちます

FM

フリケンシーモジュレーション(周波数変調)を利用した方法です。



周波数変調と言い信号波が+のときは密(周波数が高くなる)になります
逆に信号波が-のときは疎(周波数が低くなり)になります

AMと違って周波数を変えて音を出しています。
振幅は読まずに周波数が高いのか低いのかを読んでいます。
そのため振幅が異常に高くなるノイズには強く、音質がいいのが特徴です

回路はかなり複雑なのが特徴です