崩れた地下倉庫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

物語の真相はいかに

──やぁ、君!(Hey guy!)

君がここへ辿りついてしまった頃には…

其れでも君達は、最後の書頁(ページ)めがけて…


ある抜け落ちたページ…
真っ白な其の頁を 宵闇に染めてゆく

Und nur die Historie ist übriggeblieben.

幸せな時ほど誰もが気付かない
密やかに台本記した 【S】【S】
そして訪れし 【S】

一番目の 【S】 ...


『…学園を優しく包む 大きな笑顔を咲かせよう…!』

狭い螺旋型の 階段を昇ると 部屋の中 独り 【S】 が麻を紡いでいた
『さあできた!きっと君達に似合うよ!』
お揃いの制服を着て幸せそうに寄り添い歩く
そんな日常を求めて
お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ…

そんな気紛れなひと時を 永遠だと信じたりして
そんな不確かなものを 運命だと信じたりして
彼ヲ愛シタリ、語ッタリ、 祭ッタリシテ
その束の間 遥か過去の光に想いを馳せたりして

↑ 嗚呼 でもそれは気のせいよ ↑

二番目の 【S】 ...

それは吹雪に霞みゆく幻影
失ったモノは追いかけても逃げてゆく…
カケラを拾い集めて




一番目の 【S】 ...

──そして胸に揺らめく誰かの笑顔を
抱いたままに彷徨いながらも
進む 【S】 は行く手を遮る霧を
薙ぎ払う絆憶い出す……

「どんな困難が訪れようとも、絶対諦めたりはしないんだ。
<時を超え甦るハジマリの地平線>
それが 【S】君達との、たったひとつの約束……。」

挟み込まれた四人の《記者》 【S】 に惑わされずに

<<遅カレ 早カレ 避ケラレヌ 別離>>

さようなら

ずっと 君達と 同じ時間を 生きたかった
然れど 運命は 決して 【S】 を赦さないだろう

(さぁ…楽園へ帰りましょう)

Lan La La La La Lan Lan Lan La La La La Lan Lan
Lan La La La La La La Thanatos La La Li
Lan La La La La Lan Lan Lan La La La La Lan Lan
Lan La La La La La La Thanatos La La Li Lu

→そして→異土へ→至った→


──昏く永い闇を抜けて 新しい時代が来るよ

嗚呼… 【S】 の代わりに廻っておくれ…

『全体的に 根本的に 潜在的に 困っているのだ
最終的には 劇的に ぐっと素敵に 助けて欲しい 』

そして…ハジマリの空に浮かべた追悼の《追走曲》
《第二の学園の旋律》を口吟むのは 【S】 (かれ)の唇……


それでも君達は諦めなかった
本当の 最後のペ-ジを探すことを…



「もう一度やり直せるなら、もっと上手に運営できますように…。」


合計: -
今日: -
昨日: -