山田自動車の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山田自動車の歴史

 

山田自動車は、1932年に山田乗り合い自動車として運行が始まりました。1940年代前半は第2次世界大戦によって、営業所及びバスターミナルは破壊されましたが、翌年までに復旧しております。

1966年からはワンマンカーが開始され、都市部では1969年まで普及しました。1975年からは待望の冷房車が投入され、1980年からは新車をすべて冷房車として投入し始めました。1981年には当社初のスケルトンボディ車を投入し、1982年からは富士重工5E、日野ブルーリボンをはじめ一般路線車にもスケルトンボディ車を投入し始めました。「いすゞ1983年、三菱1984年、日野1982年、富士1982年、西工1982」の通りです。1983年、K-代からP-代へ変わる際に塗装を明るい灰色から銀色への変更がされました。1984年には当社初の試みである三菱エアロスターを改造したノンステップバスを投入し、短尺2台、標尺4台でした。

1990年代には試験的に10台が機械式オートマチック車を投入しました。※マニュアル車とオートマ車の平行投入です。1997年からは本格的なノンステップバスが投入され、2003年からは「ワンステ・ノンステ」という投入方法が始まりました。1994年には試験的にCNG試作車を投入(富士重工)され、1996年にはツーステ+CNGバス(富士重工)の投入がされました。1999年にはワンステップ車に「ニーリング機能」を追加しました。

2003年には富士重工のバス製造が終了となり、わが社「岡崎重工」の元「岡崎重工7E」として製造されました。(春野重工・神東車体・岡崎重工との共同製造)。2005年からはハイブリットバスを投入し、2006年には尿素エンジンバスなどの環境に配慮したエコバスが投入されました。

 

まだ途中です。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。