※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤鉄大師線(ふじてつだいしせん)は、
藤国県藤国市中央区の藤国駅と藤国県藤国市大師区の藤国大師駅間を結ぶ
藤国鉄道の鉄道路線である。

1路線概要
 1.1 路線データ
藤国市の中心、藤国駅と藤国市内に総本山がある藤国大師とを結ぶ路線。
沿線には大学もあり、通勤路線としての性格も有している。
 1.2 藤国-藤国大学
藤国市街の中心部にある藤国駅を出て、大きな左カーブを曲がっていく。
市街地の4F建てくらいであろう雑居ビル群の中を通り過ぎていくと、藤国公園駅に到着する。
藤国公園駅を出ると、右側には片側2斜線の県道と並走し、左側に住宅地を眺めながら西藤国駅に到着する。
西藤国駅を出ても県道と並走し、左前方に大きな建物が見えるとまもなく藤国大学駅へと到着する。
 1.3 藤国大学-藤国大師
藤国大学駅は名前の通り藤国大学の最寄駅であり、終日多くの大学生でにぎわっている。
藤国大学駅を出て、県道と分かれると閑静な住宅地の中を走りながら平間駅がにはいる。
出発ししばらくすると住宅地を抜け、まだ農地も残る田舎然とした沿線の中旭橋駅へ到着する。
小さな小川を渡り、まもなくすると地下に入り終点の藤国大師駅へと到着する。
 1.4 最混雑区間
朝ラッシュ帯1時間当たり12本運行
2011年9月現在、最も混んでいる区間は、
藤国ー藤国公園間で156%である。

2歴史
 2.1 年表
2010.06.26 藤国ー藤国大師間着工
2010.07.17 藤国-藤国大師開業
2010.08.23 6両編成運転開始
2010.09.18 急行運転開始
2010.11.27 全編成6両化
2010.12.13 クリスマスラッピングトレインをこの日より運行
2011.02.12 同日改正より大師線内を走る急行は廃止

2-1 建設について
藤国鉄道は驚異的なスピードで路線を建設した。
それには、理由として、3つが挙げられる。
  • 藤国県に、鉄道が引かれていなかったこと
  • 車による環境破壊や渋滞の問題が起きていたこと
  • 世界的な恐慌の中、失業者が増えていたこと
以上の理由により、公的資金も投入されたため、
平行して路線を建設することになった。
藤国鉄道の社員は主に失業者であり、
採用する見返りとして、国からの補助金が下りている。
藤国県と国からの補助金を受けた藤国鉄道は、
失業者の手も借りて、線路の建設を一気に進めた。
失業者は主に第2次産業が多かった為、工事もすぐ進んだ。
第1の目標として都心である内宗の到達が挙げられたため、
最初の開業から約5ヶ月という驚異的なスピードで建設することができたのである。
なお、大師線が上の建設理由とは関係がないのにもかかわらず、
一番最初に着工・建設されたのは、工事の実践練習を兼ねたものであったという話もある。

3運転
 3.1 列車種別
  3.1.1 各駅停車
朝ラッシュ帯は約5分間隔、日中10分間隔で運行される。
朝方の一部を除きほぼ藤鉄本線に直通し、藤鉄本線とは一体の運行形態となっている。

4駅一覧
駅名 フリガナ キロ数 各停 接続路線
藤国 フジクニ 0.0 0 藤鉄本線,国鉄桜葉線,津田電鉄線
藤国公園 フジクニコウエン 0.7 2
西藤国 ニシフジクニ 1.7 3
藤国大学 フジクニダイガク 2.4 5
平間 ヒラマ 4.1 7
旭橋 アサヒバシ 5.1 8
藤国大師 フジクニダイシ 6.2 11

5ダイヤ(未編集)
 5.1 平日
  5.1.1 早朝~朝ラッシュ前
  5.1.2 朝ラッシュ
  5.1.3 朝ラッシュ後
  5.1.4 日中
  5.1.5 夕ラッシュ
  5.1.6 夜間
 5.2 休日
  5.2.1 日中
6放送機器
7脚注
8関連項目