※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤国ニュータウンとは、
関戸町の丘陵地域を開発し住宅及び良質な住環境を提供する事業である。

概要


歴史

2011年9月23日
藤国鉄道三保線開業に伴い、
板川地区を先行的に町開きし、同時に入居を開始する。
2012年3月17日
藤国鉄道三保線、津田電鉄林間北線の学園都市駅延伸に伴い、
関戸、松林、希望ヶ丘、若葉台、NT中央、陽光台、虹ヶ丘の各地区町開き。
同時に入居を開始する。
2012年7月1日
工事の遅れにより3月の街開きに間に合わなかった、
本郷、金森地区が街開き。同時に入居を開始する。
2013年3月23日
藤国鉄道三保線の藤国ニュータウン駅延伸に伴い、
唐澤、旭ヶ丘、柵川、勝田、柳ヶ淵の各地区が街開き。
同時に入居を開始する。

地区

  • 関戸地区
  • NT中央地区
  • 松林地区
  • 若葉台地区
  • 陽光台地区
  • 希望ヶ丘地区
  • 板川地区
  • 虹ヶ丘地区
  • 本郷地区
  • 金森地区
  • 唐澤地区
  • 旭ヶ丘地区
  • 柵川地区
  • 勝田地区
  • 柳ヶ淵地区

施設


交通

藤国鉄道三保線
 高島台⇔藤国ニュータウン間
津田電鉄林間都市線
 板川本町⇔林間板川間
津田電鉄林間北線
 林間若葉⇔学園都市間
藤鉄バス