root化 > 弄る前に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リカバリイメージの元となるデータの抽出

# dd if=/dev/block/bml1 of=/sdcard/boot.bin bs=4096
# dd if=/dev/block/bml2 of=/sdcard/pit.pit bs=4096
# dd if=/dev/block/stl3 of=/sdcard/efs.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/bml4 of=/sdcard/Sbl.bin bs=4096
# dd if=/dev/block/stl6 of=/sdcard/param.lfs bs=4096
# dd if=/dev/block/bml7 of=/sdcard/zImage bs=4096
# dd if=/dev/block/stl9 of=/sdcard/factoryfs.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/stl10 of=/sdcard/dbdata.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/stl11 of=/sdcard/cache.rfs bs=4096
# dd if=/dev/block/bml12 of=/sdcard/modem.bin bs=4096
# dd if=/dev/block/mmcblk0p3 of=/sdcard/hidden.rfs bs=4096
# tar -czvf /sdcard/efs-backup.tar.gz /efs

注1:JK2、KB1の場合、Temporary Rootでやればきれいな状態のROMのバックアップが取れる
注2:KB1のブートローダーにはサイン付カーネルしか受け付けないようにロックが掛かっているので予め解除しておくかアップデート時のファイルをバックアップしておくこと(アップデート時にPCの%Temp%ディレクトリ下にtarが出来る)
注3:KE2の場合、きれいな状態でバックアップ取るのは無理なのでアップデート時のファイルをバックアップしておくこと(アップデート時にPCの%Temp%ディレクトリ下にtarが出来る)

Odin3用のリカバリイメージ作成

Linux環境で以下コマンドを実行(端末でする方法もあるがmd5チェック出来ないので扱いに注意)
モデム
$ tar --format=ustar -cf MODEM_SC01C.tar modem.bin
$ md5sum -t MODEM_SC01C.tar >> MODEM_SC01C.tar
$ mv MODEM_SC01C.tar MODEM_SC01C.tar.md5
色々
$ tar --format=ustar -cf CODE_SC01C.tar zImage param.lfs factoryfs.rfs modem.bin cache.rfs
$ md5sum -t CODE_SC01C.tar >> CODE_SC01C.tar
$ mv CODE_SC01C.tar CODE_SC01C.tar.md5
カーネル
$ tar --format=ustar -cf KERNEL_SC01C.tar zImage
$ md5sum -t KERNEL_SC01C.tar >> KERNEL_SC01C.tar
$ mv KERNEL_SC01C.tar KERNEL_SC01C.tar.md5
システム
$ tar --format=ustar -cf FACTORY_SC01C.tar factoryfs.rfs
$ md5sum -t FACTORY_SC01C.tar >> FACTORY_SC01C.tar
$ mv FACTORY_SC01C.tar FACTORY_SC01C.tar.md5

作成された*.tar.md5のファイルはお好きに
個人的には、cache.rfsは含めなくてもいいと思うの。どうせ初期化するし
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。