裏技・バグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バグ・ミス報告

Ver1.9現在
  • これ以前に出来た、貿易→略奪→即帰還が出来なくなり、
代わりに 貿易→略奪→無帰還・永続略奪(貿易不可)になってしまった様です。
  • 以前からの、NPCの乗取→逃亡(下野大名)のバグ?健在。
また、ごく希にキャラが海外逃亡(消失)する。
キャラ離反時にも上記が発生、その場合、希に滅亡しないでEND不可になる。
  • いくつかのキャラの台詞で誤字、改行ミス があります。
  • 陣形作成は、2ページ あるが、作成できるのも、選択するのも1ページまで…
  • シナリオ08の英雄集結で、織田家・徳川家など部将が多い城の
農業値が足りていないため、減封が発生している。
  • 論功行賞で能力アップする物品を渡す際にはNPC武将の能力が上がるが、
贈物として能力アップする物品を渡す際にはNPC武将の能力は上がらない。

裏技・小技・その他メモ

Ver1.9現在
全体
  • 基本的に、何事も友好度が大事。 同家で援軍を出すのにも友好度が有効です。
軍団長の土地から援軍を出す場合は軍団長、城主に来て欲しい場合は城主に会って茶会をしましょう。
当主は、滅多な事で援軍を拒否しませんが 友好度がないと、やはり断ってきます。
他家から援軍は、音物で国と国の友好度を上げておきましょう。

政略・奉行系
  • 同盟・勧告・従属に困った時は、友好度を50以下にして 朝廷の調停を試してみる事。
  • 大砲と鋼鉄船は鍛冶値3000に付き1個。1回で最大4個が作成可能。
  • 調略は、看破と治安40以上で ほぼ回避できます。
  • 暗殺→流言→登用コンボを使えば、軍団長狙いで楽に逆転する事が可能。(謀才160が望ましいが...)
暗殺→流言→離反でも構わない。
  • 破壊→調略→攻撃で諸勢力のみでも城を取る(取らせる)事が可能。(主人公のみ同盟国不可)
  • 暗殺時に、後継者となる縁者が与力になっていた場合 ややこしい事になる。
暗殺をくらっている場合は、注意が必要になる。
自分が城主以上なら、そこだけでも募兵(治安を下げ)させない様に こまめに兵をMAXまで輸送してあげる事。

合戦
  • ハイエナ(城兵0)で城を取る時、優先権はキャラNoと名声順なので主人公の名声は極力あげない事。
名声を下げるなら、仕事の配達を達成しないでターンを終えると良い(名声-200・悪名+20)。
ハイエナ狙いだけでも、かなりの城が稼げる。
  • 在野乗っ取り時、大砲のある所なら大砲を借りることが可能。
これを利用して、部隊長 軍采上位の騎馬 で真っ先に大砲を撃てれば 楽に勝利する事が出来る。
(疲労度が有ると戦闘を仕掛けてこない&城からでない為)

キャラについて
  • 何某のステータス:体力230 軍采.武勇.武芸60 謀才.政治50 ALL.C
一度起こったバグにより、部将は全て何某によって与力扱いになってる らしい事が解った。
名声.悪名、物資が頼まれる度に上昇? 常に伴侶枠が誰かに占領されているらしい。
身分は一番低いが(台詞的に)、権力は一番..。
  • 伴侶がNPCに居る場合でも、主人公は重婚不可だが 部下のNPCには、縁組での重婚が可能です。
  • 婚姻・婚姻願いは他家からも、伴侶を引っ張ってこれる。 ただし、軍団長、城主は部下には出来ない。
  • 伴侶に知行を持たせて、部下を直臣→隠居→伴侶減封→伴侶から配下推挙→下野→配下願い
の繰り返しで、何度でも一門を城主(軍団長)にしつつ、部下をキープする事が可能です。


細かい事

  • 主人公補正
1.暗殺不可 2.奸臣でも戦闘時の裏切無効 3.軍団長じゃなくとも、当主との友好度126以上で外交可。
デメリットは、同盟国への諸勢力による調略、攻撃等不可。

  • 女性と結婚の色々
1.女性区別設定時 女性の戦闘は、軍采.武勇の総合値140以上から。 また、与力無し。
 軍采か武勇が70に至っている場合、参謀としての出陣はします。
2.暗殺されても、跡取りを必要しない。(たまに発生する場合もある)
3.結婚相手が部下の場合は、戦闘時の裏切り以外、流言、暗殺、登用も受付けない。【結婚補正】
4.結婚している武将は、同じ下野時に与力として借りる事が可能。<バグ?

  • 友好度によって関係性と効果が変わる。 【友好度補正】
マイナス~0:茶会不可 お互いの茶会リストから除外されます。 また、会うのを拒みます。 高確率で暗殺されます。
1~39:険悪 台詞が険悪ムードに変わります。 直臣なら下野、離反、登用が発生します。
40~49:反感 直臣なら下野、離反、登用が発生する場合があります。
50~79:見知 顔見知り程度の関係です。 直臣なら下野、離反、登用が発生する場合もあります。
80:紹介状解放 紹介状を書いてもらえます。 外からの登用を受けにくくなります。
100:師事解放友好的 師事が可能になります。台詞も友好モードに変わります。流言を受けにくくなります。
126:外交解放 当主との友好度で、外交が行える様になります。 <要発言力
          見知らずで援軍のみ の友好度上昇でも可能になります。
150:結婚解放 個人ターンで、異性との結婚が可能になります。 裏切り難くなります。
200:行動力MAX 行動力が最大になります。
200↑:行動力上昇 200以上になると、さらに行動力が上昇します。 裏切りません。

  • NPCとの関係性で敬称が変わる。 【身分補正】
当主>当主(属国)>大名家縁者>軍団長>城主>大名直下の部下>軍団長・城主への直与力>階級>古株(総功高め)>その他
目上には、「様」 対等は「殿」 目下は呼び捨て。  (NPCとの関係が コレで解ります。 様=様もあれば、様≒殿も)

  • 主人公のみ悪名MAX(10000)になると、登用されなくなる。 【信用補正】
NPCも登用されにくくなる。(登用はされます)
自力で配下願いするにも、友好度が結婚可能クラス(150)は必要になる。
逆に、名声が高ければ登用されやすくなる。(2000が目安)

  • 友好0以外の 部将間での敵対設定有り。 【不満補正】
敵対関係は、常に一人限定なので、入れ替わる事もある。
敵対関係時は、その国に対する敵対心なので登用不可になります。(家臣勧告も不可)
発生条件は、勝敗の発生する事柄で
1.滅亡させた、当主間とされた側の部将全員
 価値10茶器 茶人・友好上昇効果 で最短4.5回で解消する。
 自分が当主の場合は、茶会に呼べない(ブラックリスト)ので、NPCに茶会をして貰う必要がある。
 また、追放はコレと同等効果(野心低めは除く)。
2.在野乗取成功時の、当主と乗っ取り当主間
 かなりの不満度上昇なので、関係が入れ替わるのを待ってから、最短5.6回で解消させる事。
 最悪、身代わりがいないと 永続的に続く恐れも有。
3.おそらく、手合わせ勝利時も
 剣豪が茶人である事と、勧誘がしにくくなる為。 不満も溜まるようです。
他には、戦闘で戦うと 若干ですが不満が溜まるようです。(戦に出ないキャラには溜まらないらしい)
この為か、当主間を含んでの NPCの茶会が盛んに行われる。
この、不満度は暗殺や流言にも影響している「かも」知れません。(両キャラ含む茶会で解決した事例有り)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。