日本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【本田ヒロユキ】

本作の主人公
特に特徴はないが、異様に周囲の環境に溶け込むことや身に起こったありのままを受け入れるのが早い


【北条政子】

ヒロイン
好きなものは自分とヒロユキ
嫌いなものはその他全ての物
ヒロユキのクラスの委員長である。みんなからは委員長と呼ばれている。
コマによって表情というか作画が変わるのは作者が読んでいる本や気に入っている女性キャラに影響されるからである。
武器は『北条デストロイ』という何故か初期から持っている熱した鉄の棒
初期設定では熱した鉄の棒を相手に押し付けて戦うという拷問のような戦い方だったが、いきなり高温による大気の温度変化を利用した回避などを私用し始めたのには驚かされた。





【ガンディー夏目】

顔が▽で異様な存在感を持つ。
普通にインド人だがなぜか日本代表に選ばれる。
ワールド編以降はインドチームに戻る
顔面が回転することや、委員長にちぎられても即座に回復することから人間ではないようだ。





【アダム】

ガイアメモリ『レーザー』の所持者。なぜか急に出てきた力士。
メモリ使用時は光の速度の移動が可能なため、戦闘では頼もしい存在となる。
しかし弱気な性格から普段の生活の中では委員長に奴隷のように扱われている。

決め台詞『僕の張り手は、闇の歴史に終止符(ピリオド)を打つ…』






【おくま】

登場した際は「ジャスタウェイ」のパクリといわれ続けたが
おくまさんのデザインに関して他からの引用は一切ない。
普段は神の居城の〝おくまの部屋〟で修行している。
ガイアメモリ「ターボ」「ワープ」「ゲート」など複数所持している
複数のメモリを使用可能にするため常に全身を四角い鎧と黒いタイツで覆っている。
脱ぐとただのトイレのジョーになる。






【杉山すん】

心優しきリーゼント





【鈴木ケイ】

第一話で全力で死亡フラグを振りまいた際に案の定虎に食われて死亡
後に山本軍によるサイボーグ化で復活する。




【鈴木タカシ】

忘れた

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。