ShapiroVarian1998information


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tags


url


auther


bibtex

en

title={{Information rules: a strategic guide to the network economy}},
author={Shapiro, C. and Varian, H.R.},
isbn={087584863X},
year={1999},
publisher={Harvard Business Press}
}

ja

title={{Information rules: a strategic guide to the network economy}},
author={Shapiro, C. and Varian, H.R.},
isbn={087584863X},
year={1999},
publisher={Harvard Business Press},
note ={(千本倖生監訳・宮本喜一訳,
「ネットワーク経済」の法則 ,
IDGジャパン (1999))},
}


format for references

APA

Shapiro, C., & Varian, H. (1998). Information Rules: A Strategic Guide to the network economy. Harvard Business Press.

AIS

Shapiro, C. and Varian, H.R. 1998. Information rules: a strategic guide to the network economy, Harvard Business Press.

経営情報学会

Shapiro, Carl and Hal R. Varian Information Rules, Harvard Business School Press, 1998.(邦訳:千本倖生監訳・宮本喜一訳『「ネットワーク経済」の法則 』IDGジャパン,1999年.)

memo

chapter9 p. 438@ja

表8.1 標準化ゲーム

                 弱いチームの選択肢
                 好戦派    標準化支持  
強いチームの選択肢 好戦派    標準化競争  強者が弱者を抑えこもうとする
          標準化支持  (X)     標準化の合意をめざす

→しかし、Internet標準、Web標準では、強いチームが自らの提案仕様を標準化して、競合企業に使わせるというXのパターンが存在しうる。

chapter 8 p450@ja

オープンな標準はスポンサーがいないと危険にさらされる
オープンな標準は”分裂”や”粉砕”といった目に遭いやすい。標準の分裂は、標準化されたテクノロジーのさまざまな互換性のないバージョンの出現を意味する。

UNIX統一規格の失敗についてのまとめ

chapter 8 p452@ja

オープンな標準は、市場を自分勝手な方向へ拡張してやがて設置ベースまでコントロールしようと狙っている企業に、”ハイジャック”されることもある。マイクロソフトはJavaとHTMLの両方を同社独自の方向へ拡張しているとして非難されてきた。

chapter 8 p453@ja

サンはJavaで同じ問題に直面している。サンの競合相手や補完製品の供給者はJavaがオープンになるように願っているが、同社はJavaの開発でそのコントロールを放棄することには消極的だ。中心的な企業がなくなってJavaそのものが足踏みしてしまうのを恐れているからだ。このため、サンはJavaの同盟で他の企業とは異なる立場を維持している。

chapter 8 p453@ja

同盟に対する我々の最後の警告は、崩壊する可能性もある、ということだ。同盟の結成に気を配るだけでなく、そのまとまりを維持するためにも神経を使う必要がある。

chapter 8 p455@ja

公的な標準設定作業がかかわる標準は、過去に例がないほどますます増加している
公的な標準設定作業には時間がかかるが、新しいテクノロジーの場合にはそれによって非常に大きな信用を獲得することができる。

chapter 8 p456@ja

オープンな標準を確立するような場合でも、自分のテクノロジーに対する最低のコントロールは維持できるよう努力すること

cited as

ShintakuEto200807

\cite{ShapiroVarian1999information}は、狭義のデファクト標準ではなく、コンセンサス標準策定の場における企業の活動指針を示した画期的なものであった。 (p.15)


Funk2003standards

In the industrial standard's literature, firm behavior and network externalities have a strong effect on which design becomes an industrial standard through the so-called bandwagon effect. Since the number of users has a direct effect on the value of the product, market share becomes a measure of quality and a rising market share increases the product's charm. Thus, the acquisition of an early installed base and the opening the standard in order to acquire an early installed base are accepted strategies for making your product or technology an industrial standard
\cite{Rofles1974theory, OrenSmith1981critical, FarrellSaloner1985standardization, KatzShapiro1985network, Asaba1995cooperation, ShapiroVarian1999information}.