シシャカンリ ガラマBC 南東壁直登ルート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シシャカンリ南東壁三大壁ルート攻略 ガラマBC



推奨作戦開始時期

9月、6月


隊員選抜

IMASランクは酸素ボンベを使用する場合Aより上。他の隊員がGかSSSランクであることが条件である。


必要物資量

食料パック: 少なくても20日分以上
登攀セット: 70個
登壁セット: 17個
酸素ボンベ: 使用 (無酸素でも隊員のレベルが高ければ登頂可能)
整地セット: 3個 (12人の場合)


ルート選択

5464m地点:右
5631m地点:中 (真上に進む)
6268m地点:左
6549m地点:左
7452m地点:左
頂上へ


ルート工作

7142m地点のスラブ「シシャカンリ南東壁核心部」まで工作する

キャンプ設営推奨位置

C1 5886m地点の氷河(3張り設営可能)
C2 7264m地点の雪壁(整地工作が必要)


テント破壊推奨位置

この作業は、少しでも余剰物資を減らしたいときに行う。

5631m地点のモレーン (シシャカンリ内院)
5758m地点のモレーン


注意点

1. 風の影響をほとんど受けないルートで、作業がかなり迅速に進む。

2. 5631m地点のシシャカンリ内院とその先の5758m地点のモレーンは雪崩が非常に発生しやすいので注意が必要。



戻る