K-0 キャンジャンダラ氷河BC 西壁側合流ルート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

K-0 キャンジャンダラ氷河BC 西壁側合流ルート攻略


キャンジャンダラ氷河BCのルートの中でも難しい部類に入るルートである。このルートの特徴は、壁が広い範囲にわたって存在するのと風の影響を強く受けやすいその地形にある。C1を出てすぐに大きいスラブがあるのでC2キャンプを作り最終キャンプへの足がかりとする。キャンプ間の移動やルート工作は風の弱い日に行わないと作業がかなり遅くなってしまうので風の強い日の行動は出来るだけ避ける。

登攀難易度 ★★★★★★★ C1設営高度 5909m 登攀セット 53個
登頂困難度 ★★★★★★★ C2設営高度 6658m 登壁セット 11個
災害遭遇度 ★★★★☆ C3設営高度 7568m 整地セット 2個





作戦開始推奨月

9月、6月


参加隊員選抜基準

IMASランクSS以上。


必要物資

登攀セット:53個
登壁セット:11個 (7429mまで工作する場合29本)
テント10個
酸素ボンベ:使用
整地セット:2



ルート選択

5443m地点:右
5695m地点:右
5909m地点:右
6348m地点:右 (岩壁、ガレ場を通る)
7322m地点:右
7565m地点:左
8155m地点:右 (左は行き止まり)
8360m地点:左
頂上へ




キャンプ設営推奨地点

C1 5909m地点のセラック (4張り設営可能)
C2 6658m地点の岩壁 (整地工作が必要)
C3 7568m地点の雪原 (4張り設営可能)



テント破壊推奨地点

C1右隣の5935m地点のセラック


移動所要時間


頂上までは8時間
C2からC3までは5時間
C1からC2まで5時間半