第二回シーズン総括


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二回シーズン総括


第1戦

第2回を迎えたNTCCの開幕戦は、昨年に引き続き筑波サーキットで行われた。
ディフェンディングチャンピオンであるピエール(DPC-Racing Renault)は、ルノー・クリオでの初めての実戦にも関わらず、開幕からポールポジションを奪う。
なお、今期からFFのみRM(レーシングモディファイ)が解禁され、ゴルフGTI RMを駆るyoshi(Y.K-Racing)が3位という好位からのスタートとなった。

スタートからクリーンなレースで、ほぼグリッド通りレースは進んだ。
昨季ポイントランキング9位と力を出し切れなかったサードウィンド(プライベートS2000)と、初参戦で第1・第2戦を中継してくれたフォックス(プライベートRX-8)は1周目から接触し、早々とピットイン。
さらに2周目の1コーナー、もっちり(VOLVO-30)がブレーキングミスでアウトにいたドムドム(GETORA Works)と接触。両者マシンにダメージを負い、ドムドムは6位から9位に転落してしまう。

そんな中抜けだしたのはピエール・ポイフル(プライベートRX-8)、yoshiの3人。
三つ巴の激しいバトルを展開していたが、3周目の1ヘアピンでポイフルとyoshiが接触。両者ダメージを負い、ポイフルはピットイン。yoshiは走行を続けるもピエールに若干差をつけられてしまう。

後方ではTAKとkenもサイドバイサイドのバトルを展開。さらに4周目の2ヘアピンでミスしたデジ(DPC-Racing Renault)も加わって、ここもやはり三つ巴に。
6周目でデジがピットイン。これにより2位争いはken、TAKの一騎討ちとなったが、ダメージを負ったkenが1コーナーでコースアウト。2位の座をあっさり奪われてしまった。

序盤の接触で大きく順位を落としていたサードウィンドは、6周を経過した時点で10位から5位にまで躍進。それにyoshi、デジのホットハッチ組が続く。

首位を独走していたピエールがピットに入ったのは7周目のことであった。
上位陣と下位陣の間に大きな差があったため、TAKの後ろ、2位でコースに復帰した。

サードウィンドと4位を争っていたyoshiは7周目の1コーナーでクラッシュ。右リアに大ダメージを負い、上位戦線から脱落してしまう。

トップを走っていたTAKがようやくピットに入ったのは8周目。
一足先にルーティーンを済ませていたピエールは完全な状態でトップに返り咲いた。
TAKはkenの前、5番手でコースに復帰。

後方ではドムドムともっちりが絡み、もっちりはエンジンにまでダメージを負ってしまい、ポイント圏内でのゴールはほぼ絶望的となった。

そして5位・4ポイントを懸けたTAK、kenのこのレース2度目となるサイドバイサイドのバトル。
しかし慢性的なパワー不足がネックのボルボは、8周目バックストレートであっさりkenのFCにかわされ6位に後退。
コーナリングマシンであるボルボC30の欠点が浮き彫りになる結果となった。

後方ではドムドムとkasai(Y.K-Racing)が激しい7位争いを繰り広げる。
それまでに接触で右フロントにダメージを負っていたドムドムだったが、8周目2ヘアピンのブレーキング勝負でkasaiをパスし、見事に7位の座をゲット。FRの意地を見せつける。

トップを走っていたピエールは終始安定したペースでレースをリード。クリオでのデビューウィンを成し遂げ、チャンピオンの速さを見せつけた。
2位にはRX-8のポイフル、3位には序盤のミスから怒涛の追い上げをみせたサードウィンドが入った。

第2戦

第3戦

第4戦

第5戦

第6戦

ALL-STAR

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。